資料請求

関口 賢人

健康科学部 理学療法学科

講師

博士 (保健医療学)

主な経歴

[学歴]
多摩リハビリテーション学院 理学療法学科卒業
国際医療福祉大学大学院 保健医療学専攻 修士 (前期) 課程修了
国際医療福祉大学大学院 保健医療学専攻 博士 (後期) 課程満了

[職歴]
医療法人埼玉病院 リハビリテーション科 主任
医療法人MSAエクセス村越外科 リハビリテーション科
笹本整形外科 リハビリテーション科

平成23年:健康科学大学 健康科学部 理学療法学科 助教
平成27年:健康科学大学 健康科学部 理学療法学科 講師

専門分野

運動器理学療法
徒手理学療法

担当科目

運動解剖学, マニュアルセラピー, 運動器系理学療法学実習, 理学療法演習Ⅰ~Ⅳ

主要研究テーマ

[主要研究テーマ]
顎関節症に対する徒手理学療法
トライアスロン競技者における身体的特性

所属学会

[所属学会・団体]
日本運動器理学療法学会
理学療法科学学会
標準徒手医学会 (Global Standard Manual Medicine;GSMM)
日本運動器徒手理学療法学会 (JAOMPT)
日本徒手理学療法学会
日本徒手療法学会 (Manual Therapy Japan)
ドイツ筋骨格医学日本アカデミー
国際Mckenzie協会日本支部
日本マイオチューニングアプローチ学会 (JSMTA)
日本スポーツリハビリテーション学会
日本ストレングス&コンディショニング協会

主要研究業績

[原著]
1.顎関節症患者における姿勢変化が顎関節可動性に与える影響
関口賢人 標準徒手医学会誌 8 : 5-11.2021

2.顎関節症患者に対する最大前方変移量計測の有用性.
関口賢人 標準徒手医学会誌 7 : 1-4.2020

3.顎関節症に対する徒手的機能診断と治療
関口賢人 標準徒手医学会誌 7 : 5-11.2020

4.Yoshihito Sekiguchi, Ken Muramatsu, Toru Tamaki, Masako Ikutomo, Kazuo Kurosawa : Motor cortex somatotopic presentation after restriction of neck movement in rats.Journal of Physical Therapy Science.31 (10).785-789.2019

5.Yoshihito Sekiguchi, Ken Muramatsu, Toru Tamaki, Masako Ikutomo, Kazuo Kurosawa : Neck and trunk representations in the primary motor cortex in rats.Journal of Physical Therapy Science.31 (8).608-611.2019

6.肩関節周囲炎に対する徒手的機能診断と治療.
関口賢人 標準徒手医学会誌 6 : 1-9.2018

7.水泳肩の理学療法における臨床推論
関口賢人、成田崇矢 理学療法 33(8):697-702.2016

8.腰椎椎間板ヘルニアに対して包括的アプローチを実施した一症例.
関口賢人 徒手理学療法 13(1):11-16.2013

[共著]
1.坂本宏史、関口賢人、志茂聡、藤田愛、成昌燮、境野千春、川手豊子 : 医療従事者における「人体標本を用いた実習」についての調査報告 (2018年度)-臨床経験年数の長短による達成度・満足度の違い、及び2017年度調査との比較-. 健康科学大学紀要15号. 2019.

2.坂本宏史、志茂聡、関口賢人、成昌燮、川手豊子 医療従事者における「人体標本を用いた実習」についての調査報告 (2017年度)-臨床経験年数の長短によるニーズの違い-. 健康科学大学紀要14号. 2018.

3.坂本宏史、川手豊子、志茂聡、関口賢人、成昌燮「医療従事者における人体標本を用いた実習の必要性」についての調査 2016年度. 健康科学大学紀要第13号83-95.2017.

4.坂本宏史、川手豊子、志茂聡、関口賢人、成昌燮「医療従事者における人体標本を用いた実習の必要性」についての調査 2015年度. 健康科学大学紀要第12号25-36.2016.

5.升佑二郎、関口賢人「バドミントン競技におけるスマッシュ動作の指導法に関する考察 -中学, 高校, 大学生選手の動作様式に着目して」
日本スポーツリハビリテーション学会誌 3: 1 -10.2014.

[学会発表]
1.第108回 理学療法科学学会学術大会 1.2020
「ラットの運動野における頸部および体幹領域の解明」
関口 賢人、村松 憲、 玉木 徹、生友 聖子、 黒澤 和生

2.第3回 標準徒手医学会学術大会 3.2019
「顎関節症患者に対する最大前方変位量計測の有用性」
関口賢人

3.第2回 標準徒手医学会学術大会 3.2018
「顎関節症に対する徒手的機能診断と治療」
関口賢人

4.第1回 標準徒手医学会学術大会 3.2017
「右肩関節周囲炎に対する徒手的機能診断と治療」
関口賢人

5.第19回 日本徒手理学療法学会学術大会 3.2014
「Mckenzie法を中心とした腰椎椎間板ヘルニアに対する包括的アプローチ」
関口賢人

6.第3回 日本スポーツリハビリテーション学会 3.2014
「腰椎椎間板障害に対する体幹伸展運動の肢位別効果」
関口賢人、黒澤和生

7.北京国際学術大会 8.2007
「Correlation between blood data and basic motor skills among patients with rheumatoid arthritis」
関口 賢人、岡野 智、東孝典、安藤正志

8.埼玉県理学療法学会 1.2007
「チルトテーブルを利用した高齢者の下肢筋力増強の試み」
関口 賢人、岡野智、安藤正志

[社会活動]
R2〜Wリーグ(バスケットボール女子日本リーグ) 山梨クィーンビーズ チーフトレーナー
R1.6~山梨クィーンビーズ トレーナー活動
R1.5〜ラグビー日本代表強化合宿受入実行委員会委員
H31.4~「富士河口湖町スポーツキャンプ地」誘致委員会委員
H31.2〜標準徒手医学会 山梨支部担当
H30.8〜山中湖ウェイクボード協会 代表選手 サポート活動
H30.4〜山梨県教育庁スポーツ健康課 日本代表強化合宿受入実行委員会委員 (トライアスロン,ラクビー,陸上)
H30.3〜標準徒手医学会 海外会場 (ベトナム・中国) インストラクター活動
H29.4~山梨徒手療法勉強会 代表
H29.4〜山梨県ボート協会 理事
H29.4〜山梨県立富士河口湖高等学校 学校評議員
H26.4~Team kens チームケンズ トライアスロン選手 メディカルサポート
H26.3~健康科学大学主催 解剖実習セミナー スタッフ・事務局
H25.4~標準徒手医学会 (Global Standard Manual Medicine;GSMM) 運営委員
H25.3~日本スポーツリハビリテーション学会 評議員
H20.4~理学療法科学学会 運動器スペシャリスト実技講習会 運営委員

[最近の主な講演・研修会など]
【国内】
・三学会合同運動器疾患スペシャリスト(標準徒手医学)講習会 入門コース:健康科学大学 2019.6.22
・三学会合同運動器疾患スペシャリスト(標準徒手医学)講習会 初級腰部コース:リファレンス・リバーサイド貸会議室,福岡市博多区 2019.6.15-16
・三学会合同運動器疾患スペシャリスト(標準徒手医学)講習会 初級腰部コース:健康科学大学 2019.6.8-9
・三学会合同運動器疾患スペシャリスト(標準徒手医学)講習会 初級上肢コース:健康科学大学 2019.5.11-12
・三学会合同運動器疾患スペシャリスト(標準徒手医学)講習会 初級下肢コース:健康科学大学 2019.4.13-14
・三学会合同運動器疾患スペシャリスト(標準徒手医学)講習会 入門コース:健康科学大学 2019.4.6
・三学会合同運動器疾患スペシャリスト(標準徒手医学)講習会 中国人対象セミナー : 法政大学多摩キャンパス 2019.2.23
・三学会合同運動器疾患スペシャリスト(標準徒手医学)講習会 入門コース:法政大学多摩キャンパス 2018.6.9-10

〇 学術以外の講演
・令和元年度 山梨県中学生バレーボール指導者研修会 : 笛吹市立御坂中学校体育館. 2019.6.23
・平成30年度 山梨県中学生バレーボール指導者研修会 : 笛吹市立御坂中学校体育館. 2018.6.24
・富士北稜高等学校保健会 「スポーツ前のけがの予防について」山梨県立富士北稜高等学校 2017.11.9
・山梨県ママさんバレーボール連盟リーダー研修会 「バレーボール選手に対する怪我の予防とコンディショニング講習会」 : 昭和町総合会館 2017.7
・高大連携事業 「テーピングセミナー」:山梨県立富士吉田高等学校 2017.7
・高大連携事業 「障害予防とリハビリテーション講習会」:富士北稜高等学校 2017.3
・高大連携事業 「障害予防とリハビリテーション講習会」:山梨県立吉田高等学校 2017.3
・平成28年度 山梨県高等学校体育連盟バレーボール専門部 第2回普及強化練習会「コンディショニング講義」:山梨県立日川高等学校 2017.3

【国外】
・三学会合同運動器疾患スペシャリスト(標準徒手医学)講習会 下肢コース:中国 (四川省瀘州市 西南医科大学)会場 2019.8.22-25
・三学会合同運動器疾患スペシャリスト(標準徒手医学)講習会 腰部・骨盤コース:Saigon ITO Hospital,Vietnam ベトナム (ホーチミン)会場 2019.3.15-17
・三学会合同運動器疾患スペシャリスト(標準徒手医学)講習会 頸部コース:Saigon ITO Hospital,Vietnam ベトナム (ホーチミン)会場 2018.8.24-26
・三学会合同運動器疾患スペシャリスト(標準徒手医学)講習会 下肢コース:Saigon ITO Hospital,Vietnam ベトナム(ホーチミン)会場 2018.3.16-18

教員著書紹介

1.「JSSR認定 トレーナーテキスト」医学映像教育センター,2017. (共著)

教育・研究に対する考え方

学んでいる知識、技術の先には人がいるということを忘れないでください。

人を思いやれる優しい気持ちと、それを形にできる確かな実力を持った理学療法士になってください。

共に学んでいきましょう!

その他

健康科学大学 トレーナークラブ 顧問

[資格]
理学療法士
日本理学療法士協会 認定理学療法士 運動器理学療法専門分野 (徒手理学療法)10-50
三学会合同 標準徒手医学会 認定セラピスト (No.01)
三学会合同 標準徒手医学会 認定初級インストラクター
ドイツ シュロス法教育団体 s-c-s training institute japan 認定シュロスセラピスト (側弯症治療 専門セラピスト)
日本スポーツリハビリテーション学会 認定トレーナー (No.23)
赤十字救急法救急員 (第19-14-0104号)