資料請求
三科 貴博

三科 貴博

健康科学部 理学療法学科

教授

修士 (学術)

主な経歴

・学歴
国立千葉大学教育学部小学校教員養成課程教育学専修 卒業
(小学校教員第一種免許、中学校教員第一種免許 (社会科) 取得 2019年教員免許更新済)
専門学校社会医学技術学院理学療法学科 卒業
(理学療法士免許 取得)
放送大学大学院文化科学研究科人間発達プログラム 修士課程修了 修士 (学術)
国立大学法人信州大学大学院医学部保健学科老年保健学専攻 中途退学

・職歴
専門学校卒業後、石和温泉病院など山梨県内のリハビリテーション病院、施設で約8年

・教育歴
帝京医療福祉専門学校と本学を合わせて19年目

専門分野

回復期の理学療法

担当科目

理学療法概論、PTマネージメント、理学療法特論、臨床実習など

主要研究テーマ

学生の理学療法演習における学内パフォーマンスの臨床実習への応用 (学内成績では問題の無い学生さんが、臨床実習に出ると極端に低い成績で評価される場合があります。何故本来のパフォーマンスが発揮できないのか?心理学的側面からも原因を分析し、教育的介入の余地、効果を研究しています。)

所属学会

日本理学療法士協会
山梨県理学療法士会
2003年4月~2005年3月 山梨県理学療法士会学術局研修部長
2005年 第24回関東甲信越ブロック理学療法士学会実行委員会学術局長
2011年 第46回日本理学療法士協会 全国学術研修大会実行委員会 企画局学術部長
2015年 第34回関東甲信越ブロック理学療法士学会実行委員会
2016年~2017年 福祉・厚生局長
2018年 事業担当理事兼士会支部組織化委員会
2019年 副会長

主要研究業績

「安定した臨床実習地確保のための課題と方策」健康科学大学紀要 第4号、203-217. 2008. 03
・著書「臨床栄養学 疾患別編」羊土社 143-151. 2012. 02
「臨床栄養学ノート 基礎編&疾患別編」羊土社 196-202. 2012. 05
「臨床栄養学 疾患別編 改訂第2版」羊土社 160-171. 2016. 04

教育・研究に対する考え方

理学療法士の使命は患者さんを「治す」ことではなく、患者さんが自分で治る「能力を引き出す」ことであると心得ています。
患者さんが主体である。
このことは、これまでもこれからも決して変わることのない普遍的、根本的な医療従事者としての心構えです。
患者さんに対し、知識に溺れず、技術を驕らず、謙虚を忘れず無心に努力する実践家、研究家を養成したいと考えています。

その他

帝京福祉専門学校 非常勤講師 (2013. 04~)
山梨県立富士北稜高等学校 同笛吹高等学校学 介護職員初任者研修講師 (2014. 04~)