資料請求
永井 正則

永井 正則

健康科学部 福祉心理学科

教授

博士 (医学)

主な経歴

医学博士(東京大学)

東京都老人総合研究所生理学部
マックス・プランク生理学・臨床医学研究所(ドイツ連邦共和国)
山梨医科大学 第一生理学教室准教授
山梨県環境科学研究所 環境生理学研究室長
山梨県環境科学研究所 環境健康研究部長
山梨総合理工学研究機構 特別研究員
山梨県環境科学研究所 副所長
健康科学大学福祉心理学科 教授

上記などを経て平成29年(2017年)4月より現職
(兼)博慈会老人病研究所客員研究員

専門分野

生理学一般、神経生理学、環境生理学、自律神経生理学、
神経心理学、生理心理学

担当科目

人体の構造と機能及び疾病、栄養学、薬理学、神経心理学、人体構造機能学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ(看護学部)、薬理学(看護学部)、栄養学(看護学部)、生化学(看護学部)

主要研究テーマ

・不安が姿勢維持機能に及ぼす影響
・運動競技が姿勢維持機能に及ぼす影響
・気分の変化が味覚認知に及ぼす影響
・冷え症を訴える人の温度感覚と皮膚血流
・中高年者のウォーキングと血圧

所属学会

日本生理学会、日本自律神経学会、日本生理心理学会、
国際歩行と姿勢研究会議(GAIPOS)

主要研究業績

【原著】
Abdominal circumference correlates with postural sway of the antero-posterior axis in pregnant women. Mathews Journal of Gynecology & Obstetrics 1: 004, 2016.
Sweet taste threshold for sucrose inversely correlates with depression symptoms in female college students in the luteal phase. Physiology & Behavior 141: 92-96, 2015.
Effects of anticipatory anxiety and visual input on postural sway in an aversive situation. Neuroscience Letters 474: 1-4, 2010.
Characteristics of the control of standing posture during pregnancy. Neuroscience Letters 462: 130-134, 2009.
Pentavalent vanadium at concentration of the underground water level enhances the sweet taste sense to glucose. BioMetals 19: 7-12, 2006.
The effect of anxiety on postural control in humans depends on visual information processing. Neuroscience Letters 364: 37-39, 2004.
Effects of lumbar skin warming on gastric motility and blood pressure in humans. Japanese Journal of Physiology 53: 45-51, 2003.
Trait anxiety affects the pupillary light reflex in college students. Neuroscience Letters 328: 68-70, 2002.
Anxiety affects the postural sway of the antero-posterior axis in college students. Neuroscience Letters 328: 68-70, 2001.
Pleasant odors attenuate the blood pressure increase during rhythmic handgrip in humans. Neuroscience Letters 289: 227-229, 2000.
Hypothermia increases the contractile force of glycelinated smooth muscle. Biomedical Research 21: 41-43, 2000.

【著書】
「体温のバイオロジー」(共著)、メディカル・サイエンス・インターナショナル社、2005.
「アロマサイエンスシリーズ21 第7巻 香りの機能性と効用」(共著)、フレグランスジャーナル社、2003
「セラピストのための基礎研究論文集4 人間行動と皮質下機能」(共著)、協同医書出版、2002.
”Thermotherapy: Principles and Practice---Applications in Neoplasia, Inflammation, and Pain”(共著), Springer Verlag, 2001.

【特許】
鳥類卵の孵化抑止方法及びその装置(特願2007-139404)、2011.

【その他】
平成27年度老人病研究所オリジナル論文賞(臨床の部)受賞
対象論文 :
散策の繰り返しが中高年者の血圧に及ぼす影響. 未病と抗老化24 : 67-72,2015.

教育・研究に対する考え方

学生諸君には、社会に出てひとり立ちしてやっていくために、自分の頭で考える力を身につけてほしい。