めざす国家資格
理学療法学科
文部科学大臣指定の理学療法士養成校である本学では、
卒業と同時に理学療法士国家試験の受験資格が取得できます。

学びの特色

1.クラス担任が2年間ずつきめ細かに指導

 きめ細かな指導を実践するため、1・2年次および3・4年次通年でクラス担任制度を導入。担当教員が、学生一人ひとりの性格や個性、学力などを把握し、苦手な科目の指導、志望に合わせた実習先選定や就職先の紹介なども行います。

2.教員は多彩な分野の専門家

 近年は、運動器系理学療法(骨折やケガ)、神経系理学療法(脳卒中など)のほか、内部障害系理学療法(心臓病、肺の疾患、糖尿病など)が注目されています。本学はこれらに加えスポーツに関わる専任教員も多く、卒業研究などを通じてより専門的な理学療法を身につけることができます。

3.他学科の科目も履修可能で、学びの幅が広がる

 訪問リハビリ、予防医学のアドバイス、スポーツ選手のメディカルケアなど、年々活躍の場が広がっている理学療法士。多様化するニーズに応えるためには、理学療法学に加え、幅広い知識が必要となります。そのため、他学科の講義も履修できるようになっています。

学科長メッセージ


学科長 髙村 浩司

学生と教員のコミュニケーションが活発な環境のなかで
理学療法士としての自分の専門性を見つけてください。

理学療法士は主に、起きる・立ち上がるなどの基本的な動作能力を回復させるのが役割です。近年では、予防のリハビリテーションにも目が向けられていて、虚弱体質の方や今後運動機能が低下していく高齢者の方への予防対策も重要な役割になっています。また、働く場も医療関係だけに限らず、介護やスポーツの分野でも理学療法士の力が求められています。

このように理学療法士が幅広く必要とされていく社会のなかで、自分の専門性を持つことが将来的に重要になります。本学科では多彩な専門分野の教員が揃っていますので、学びながら自分の専門性を見出してほしいと思います。少人数のクラス制でコミュニケーションをとりながら手厚くサポートしていきますし、国家試験も全面的にバックアップしていきます。加えて、卒業後もスキルアップや研究発表を目的とした卒後教育も実施し、生涯にわたる学生サポートも充実させていきます。

まずは患者さんの心に寄り添うためのコミュニケーション能力が何より大切で、性格の向き不向きは特にないと思います。ぜひみなさん、理学療法士の世界へ挑戦してください。

健康科学部
ページの先頭に戻る