健康科学部作業療法学科

めざす国家資格
理学療法学科
文部科学大臣指定の作業療法士養成校である本学では、
卒業と同時に作業療法士国家試験の受験資格が取得できます。

学びの特色

1.実技中心の指導で実践力を磨く

 経験豊富な教員のもと、学生の特性に合わせた実習方法の検討を十分に行い、不安要素を取り除いてから実習に取り組んでいます。

実技中心の指導で 実践力を磨く

2.日々変化する最新の臨床に合わせて講義を編成

 まず基本をしっかりと学び、少人数のグループ学修の中で、最新の臨床の課題にも取り組むなど、幅広い知識と応用力が身につくように講義を編成しています。

日々変化する最新の 臨床に合わせて 講義を編成

3.世界作業療法士連盟(WFOT)認証国際基準の教育

 本学は、世界作業療法士連盟(WFOT)の認証を受けた作業療法士養成校です。本学を卒業することで世界レベルの作業療法士として認められます。

世界作業療法士連盟(WFOT) 認証国際基準の教育

学科長メッセージ

学科長 小沢 健一 写真
学科長 小沢 健一

「知っている」から「使える」へ
―社会と共生する力を身につけようー

 作業療法士は障害をもつ人に新しいライフプランを提供するライフプランナーです。個々の患者さんに接するたびに、相手の立場に立って考え、それぞれの患者さんに合った生活を提案しなければなりません。

 本学ではこのような能力を身につけるために、知識を増やすことだけではなく、知識をどのように使うのか練習する演習中心の授業を行っています。この学修体験で身につけた能力は作業療法以外の社会でも役立ち、どのような人と接するときでも相手によって柔軟に対応できる能力となります。

 作業療法学科では、単に国家資格を取得するだけではなく、作業療法を通して社会の中で共生できる力を養ってもらいたいと考えています。

健康科学部
ページの先頭に戻る