作業療法学科

作業療法学科の目的

作業療法士とは、心やからだに障害のある人や高齢者が、人間らしく、その人らしく、いきいきと暮らすことを手助けする専門家です。一人ひとりの価値観、やりたいことを考え合わせながら、日常生活活動(食事をする、入浴するなど)やさまざまな創作作業を活用して、社会への復帰と生きる意欲を取りもどすためのサポートを行います。

近年、医療・福祉・保健の幅広い分野でその役割の重要性が高まっています。

本学科では、人間的な成長を視野に入れながら、作業に対する知識・スキルはもちろん、科学的・分析的な思考力、そして、精神的・情緒的ケアに対する能力を身につけ、対象者にやさしく、しっかり向き合える作業療法士の養成を目指しています。

目標とする資格 作業療法士(国家資格)

「自分の手で、未来を創る」作業療法学科の特色
1.学び「バランスのとれた作業療法教育と最新の臨床に合わせた実践指導」

1年次から担任制をとることで、教員が学生一人ひとりに目の行き届く指導を行っています。また本学には作業療法の基本領域とされる「身体障害」「精神障害」「発達障害」「老年期障害」それぞれの領域で臨床経験豊富な専任教員がおり、より専門的な指導を直接学生に提供することができるのも大きな特徴です。また教員の多くは、講義や実習、学生指導の傍ら、現役で臨床現場に出ており、より実践的な指導ができるとともに、近年の動向に即した最新の作業療法を学べる環境が整えられています。


2.実習「実習前から実習後までのきめ細やかな支援」

医療系の資格取得に大きな影響を与える臨床実習。初めての臨床での体験は作業療法士の仕事の楽しさを見つける絶好のチャンスです。本学科では、実習前にゼミごとの少人数指導によるきめ細かな準備を行います。また、教員が実習地に直接出向き、学生や指導者と直接面談を行うことで、慣れない臨床での不安や疑問を少しでも軽減できるような支援も行っています。

3.国家試験「一人ひとりに合わせた手厚いサポート」

学生個々の国家試験までの年間スケジュールを担当教員が把握し、一人ひとりに合わせた指導が行えるよう配慮しています。また、専門領域の教員が定期的な集中講義を行うことで、国家試験の全ての分野をくまなく網羅できるように配慮したり、模擬試験で学生の得意分野・苦手分野を徹底分析することで、教員が学生とともに効果的な勉強法を模索し実践できる体制をとっています。また、日頃から学生と密にコミュニケーションを取り、生活やメンタル面からのサポートにも力を入れています。

4.就職「各領域のスペシャリストが親身に相談」

学生の就職先は身体障害、精神障害、発達障害、老年期障害と多岐にわたり、学生たちは臨床実習の経験から就職の方向性を選んでいます。日本中から集まる豊富な求人により、ほとんどの学生が希望の領域に就職しているのが現状です。また、卒業後出身地での就職を希望している学生には実現できるよう支援しており、各領域に精通した教員が親身に相談に応じています。

 
就職先データ(2014年3月卒業生実績)

[主な就職先]
【山梨県】
山梨赤十字病院、山梨大学医学部附属病院、湯村温泉病院、甲州リハビリテーション病院、日下部記念病院、住吉病院、山梨リハビリテーション病院、白根徳洲会病院、巨摩共立病院、笛吹中央病院、石和温泉病院、石和共立病院、おおくに在宅ケアセンター、健康科学大学リハビリテーションクリニック ほか
【東京都】
新天本病院、府中恵仁会病院、河北総合病院、立川相互病院、北原国際病院、慈雲堂病院、多摩あおば病院、小平中央リハビリテーション病院、根岸病院、東京足立病院、葛西昌医会病院、イムス板橋リハビリテーション病院 ほか
【長野県】
相澤病院、丸の内病院、諏訪赤十字病院、諏訪湖畔病院、桔梗ケ原病院、昭和伊南総合病院、栗田病院、上伊那生協病院、飯田病院、稲荷山医療福祉センター、富士見高原病院、鹿教湯三才山リハビリテーションセンター ほか
【静岡県】
NTT東日本伊豆病院、リハビリテーション中伊豆温泉病院、富士脳障害研究所附属病院、共立蒲原総合病院、富士宮市立病院、熱海所記念病院、静岡リハビリテーション病院、新富士病院、すずかけセントラル病院 ほか
【神奈川県】
川崎協同病院、淵野辺総合病院、聖テレジア病院、横浜舞岡病院、新横浜リハビリテーション病院、新戸塚病院 ほか
健康科学部
ページの先頭に戻る