めざす国家資格
看護師・保健師(選抜制)
※2年次後期終了時に定員80名のうち20名を上限として、保健師免許の取得をめざす学生を選抜します。
※保健師資格取得後、都道府県教育委員会への申請により養護教諭二種免許が取得できます。

学びの特色

1.地域に暮らす全ての人を看まもる先駆的な看護教育をめざす

 地域に暮らす乳児から高齢者まですべての人を看護の視点で捉え、社会の動向を見据えた先駆的な看護教育を行います。
発達段階・健康レベルが異なるすべての人に応じた高い看護実践力を身につけ、社会で求められる看護師を育てます。

2.学生一人ひとりの個性に合わせた教育指導

 校舎だけでなく教職員も学生を温かく迎え、学生一人ひとりの個性にあわせた教育指導に取り組んでいます。また、担任制によるきめ細かな対応で、入学直後から学修はもとより学生生活のサポートにも丁寧に取り組んでいます。成績だけでは評価できない看護職の心を育てます。

3.地域に愛される大学をめざして

 県立桂高校の跡地に創建された都留キャンパスは、地域住民の思い出の地でもあります。この地に通学する学生を地域住民の皆様が温かく迎えてくれています。さらには富士・東部地域に念願の看護学部が生まれたことで、地域の多くの医療施設が実習を受け入れ熱心な指導をしてくださいます。このように地域に愛された大学で育つ学生は、地域を愛する看護師として育つと信じています。

学科長メッセージ


学科長 小野寺 幸子

看護師に必要な素質である「一人ひとりを大事に見る目」を養い、自身の人間性を磨きながら、大きく成長することを期待しています

 地域に根ざしたオープンな大学をめざし、近隣の方を招いて「看護の日」「防災訓練」など看護を通じて地域交流をしています。卒業後は自分の地元に貢献したいと考えている学生も多くいますし、基本教育科目として郷土の歴史・政治経済を知ろうという科目があるのも特長の一つです。国家試験に向けたカリキュラムを押さえながらも、こうした地域性のある講義や活動を展開していきたいと考えています。

 学生のみなさんには大学生活において、一人ひとりを大事に見る目を養ってほしいと思います。看護師をめざす方にとっては大事な素質です。開設されたばかりの本学部ならではの、自分たちで歴史を作り上げていこうとする結束のなかで仲間と密接に関わり、自分の人間性を磨いて大きく成長してほしいと思います。私たち教員も、学生一人ひとりと深く関わって指導していきます。担任制を活かして学修や生活面などあらゆる相談に応えられる体制を整えていますし、講義中も学生の反応から理解度を確かめながら進めています。

 富士山の眺めや富士の湧水に恵まれたこの清々しい都留キャンパスで、かけがえのない時間をぜひ過ごしてください。そして、悩みを抱えていたり、弱っている人のために、自分の持ち味を発揮して手を差し伸べられる社会人として巣立ってほしいと願っています。

 

ページの先頭に戻る