カリキュラム

7つの看護専門領域

基礎看護学

看護の概念や理論、歴史、看護の役割・機能、看護の専門的思考、日常生活援助技術など、看護の基本と看護学の基礎を学びます。

成人看護学

成人期にある人々の健康の保持・増進、および健康障害に対しての理解を深め、看護の実際を学びます。

小児看護学

健康な子ども・障害のある子どもとその家族を理解し、発達の促進、健康の維持増進に向けて子どもの権利を尊重した看護を学びます。

母性看護学

妊娠・分娩・産褥だけでなく、ヒューマンセクシュアリティの視点から性と生殖に関連した看護を学びます。

精神看護学

ライフサイクルにおける精神の健康と障害に対しての理解を深め、基本的な人間関係を基盤とした看護の実際を学びます。

老年看護学

健康な高齢期を送るために、健康障害を持って病院・施設で生活する人とその家族に対する看護の理論と実践を学びます。

在宅看護学・公衆衛生看護学

個人・家族・集団・地域社会の健康とQOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上、地域社会の健康課題解決のために、地域の人々と連携・協働して行う看護活動の実際を学びます。

4年間の学びの流れ

1年次

看護体験実習等により、看護師に必要な姿勢や技術を理解し、将来へ繋げます。また、基本教育科目を通じ、豊かな教養や専門科目を学ぶための基礎力を身につけます。

2年次

看護師として必要な知識・技術の土台をつくります。さまざまな分野の看護に触れ、看護理論を中心にした実習を行うことで、基本的な看護の有り方を学びます。

3年次

実際の医療施設等での看護学実習を経験し、専門的で実践的な力を身につけます。看護師が活躍する多様な施設で、さまざまな年齢や疾患をもった患者さんに触れ、コミュニケーション能力や人間性も磨きます。

4年次

3年間で身につけた「知識」「技術」を看護総合実習で統合・発展させ、看護研究において論理的思考力を定着させます。


↑クリックで拡大

ページの先頭に戻る