学生の声

学生の声

1年生

笠井 万里 さん
笠井 万里 さん
松本第一高等学校(長野県)出身

看護師の仕事のおもしろさを見出しながら保健師への挑戦意欲も芽生えてきました。担任の先生にじっくり相談できるので安心です。

 看護師の仕事には、正解がないというのが一番おもしろいところだと、入学して発見できました。もちろん看護過程は根拠があるので手順は守らなければいけないですが、患者さんによって必要な看護が違うので、そこを身近に接する看護師がいかに見出せるか、という部分はやりがいがありそうだなと感じています。

 一方で、保健師にも興味が湧いていきました。狭き門ですが、選ばれた人しかなれないなら挑戦してみる価値はあると思っています。

 健大には担任制があって親身に向き合ってくれる先生がいるので、進路のことも今後じっくりと話し合って決めていきたいです。男子学生が多いのも相談しやすく心強いですね。


1年次時間割(一例)

2年生

米山 綾南 さん
米山 綾南 さん
東海大学付属甲府高等学校(山梨県)出身

患者さん本人はもちろん、ご家族の方にも気配りができる看護師が私の理想像。

 看護師をめざしたきっかけは、祖父が入院していたときに出会った看護師さんでした。私や家族にも親切にしてくれて、私もこうなりたいと純粋に思いました。いよいよ看護の道へ向けて健大に入学した今でもその方が理想の看護師像。学年が上がると同時に専門性が高くなり覚えることが多くなってきましたが、あの姿を追い続けてがんばっていきたいです。

 健大の魅力は、先生と学生との距離が近いこと。オープンキャンパスに来たときから感じていました。担任以外の先生も気軽に話かけてくれるので、キャンパス全体の雰囲気が和やかなのかなと実感しています。


2年次時間割(一例)

3年生

直井 優華 さん
直井 優華 さん
長野県岡谷南高等学校出身

約半年間の臨地実習期間を経て在学中により知識を増やす必要性を実感。国家試験に向けた勉強も、将来につなげたいです。

 3年次後期に約半年間の臨地実習を経験しました。5~6人のグループに分かれて、様々な分野の実習先をローテーションで回りました。同じ看護師でも領域によって業務の内容は異なり、幅広い経験ができました。実習中は先生も帯同、不十分なところは適宜アドバイスしてくれるので安心感がありました。また、グループ内で協力し合ったり連帯感が生まれたのも得たものの一つです。

 国家試験に向けた勉強も過去問を中心に始めています。実習で感じた自分に足りないものを克服しながら、在学中にもっと知識を増やして、今後につなげていきたいです。


3年次時間割(一例)

※全て取材時の学年。

ページの先頭に戻る