少人数制のクラス活動

髙木研究室

担当教員プロフィール

髙木 大輔 講師
[専門分野]運動生理学(循環・代謝)

先生について学生が揃って口にするのが、フレンドリーな先生であるということ。そしてもう1つは、雰囲気の良さはどこにも負けないということ。楽しく学び質問がいつでもできる環境があるので、勉強へのモチベーションも高く保つことができます。


身体構造の知識が理学療法の基礎なので、模型などを使いながら徹底して学びます。

循環器が専門の髙木先生。図解することで理解度も高まります。

研究室で毎年行っているという球技大会。こうしたイベントで絆を深めながら、勉強の息抜きをしています。


松井 知希 さん

理学療法学科4年※
三島高等学校(静岡県)出身(現 知徳高等学校)

いつも笑顔で接してくれる先生の雰囲気がそうさせるのか、研究室は家にいるようにアットホームです。とても居心地のいい環境を作ってくれています。学生同士もみんな気心が知れた仲で、毎年必ずみんなで旅行と球技大会を計画し、勉強以外も楽しんでいます。


角田 奈央 さん

理学療法学科4年※
山梨県立笛吹高等学校出身

研究室での勉強は、1・2年次は筋肉などの触診をしたりマジックで体に書きながら覚えたり、3年次は疾患についてどういった治療が効果的かを調べてプレゼンをするなど実践的に知識を深めました。4年次は国家試験対策が始まりますが、互いに励まし合いながら取り組んでいます。


本宮 優理佳 さん

理学療法学科4年※
山梨県立日川高等学校出身

勉強はもちろんですが、先生にはプライベートな相談もよく聞いてもらっています。恋愛や将来について、一人暮らしをする際のお金の話でも何でも話せる信頼関係があります。また毎週月曜日は全学年で勉強会をしているので、先輩や後輩との繋がりもできました。


※取材時の学年。既卒。

 

藤田研究室

担当教員プロフィール

藤田 大輔 助教
[専門分野]内部障害理学療法学 運動生理学

「まずはやってみること。行動することで得られることがたくさんある。」という考えのもと、学生は興味を持ったことに積極的にチャレンジ。先生の頼もしいバックアップがあるから安心です。


笑い合うときもあれば、気を引き締めて課題に向かうときも。メリハリをつけて時間を有効に。

どんな質問にも的確に答えてくれる先生がいるからこそ、学生も思い思いに学べます。

コーヒーがお好きな藤田先生は、研究室で豆から挽いた一杯を淹れてくれることも。いい香りが漂っていました。


山下 智大 さん

理学療法学科4年※
岩手県立福岡高等学校出身

学生がやりたいことに対して全力でサポートしてくれる先生です。忙しい中でも何度も小論文を読んでコメントをしてくれたり、相談にのってもらったり、先生が背中を押してくれたおかげで大学院への進学が実現できました。研究室のみんなの励ましも心強かったです。


今川 真帆 さん

理学療法学科4年※
静岡県立浜松湖南高等学校出身

勉強会を毎週必ず行っているのですが、1~4年生が一緒に集まって学び合うのが特長です。わからないことを先輩方が教えてくれたように、私も教える側の立場になりました。どうしたら伝わりやすいかや面白い話をするなど工夫して、学年を越えて仲良くなりたいです。


山下 刀夢 さん

理学療法学科4年※
静岡県立静岡西高等学校出身

臨床実習の前は、事前準備として「オスキー」という試験をクリアすることが必要です。実技試験もあるなど自分だけでは学びにくいので、研究室で夜遅くまでみんなで協力しながら臨みました。実習中も、現場での人間関係の構築についてなど、先生からのアドバイスが励みになりました。


※取材時の学年。既卒。

健康科学部
ページの先頭に戻る