資料請求

健康科学部

授業の実施について

授業科目

各学科の入学年度別の授業科目は以下のページをご覧ください。

授業科目

授業の方法及び内容並びに年間の授業計画

授業の方法

【健康科学大学健康科学部履修規程】より抜粋

(授業方法)

第3条

  1. 授業科目に係る授業の方法は、講義、演習、実験、実習若しくは実技のいずれかにより、又はこれらの併用により行うものとする。

(授業期間)

第9条

  1. 年間の授業期間は、定期試験等の期間を含め原則として35週とし、これを学年歴に定めるものとする。
  2. 年度毎の学年歴は、事前に公表するものとする。

(開講方法)

第10条

  1. 授業科目は、第7条に規定する教育課程の教育効果を図るため、前期又は後期に振り分け、前条に規定する授業期間に開講する。
  2. 前項の規定に関わらず、教育効果上授業期間以外の開講が必要と認められる授業科目又は授業期間内での開講が困難である授業科目は、開講する時期を変更することがある。
  3. 授業科目は、第6条に規定する単位の算定基準に基づき、授業内容を回数毎に分けて行う。

(授業時間)

第11条

  1. 授業時間は、90分間をもって一時限とする。ただし、第6条に規定する単位の算定にあたっては、一時限を2時間とみなす。
  2. 1日の授業時間は、次のとおりとする。
時限 時間
1時限 9:00~10:30
2時限 10:40~12:10
3時限 13:00~14:30
4時限 14:40~16:10
5時限 16:20~17:50

年間の授業計画

シラバス

各種必要事項の伝達方法

授業に関する必要事項は、全てA棟1階屋外掲示板及び事務室カウンター前掲示板にてお知らせします。また、必要に応じて大学ホームページ内学内掲示板においてもお知らせします。

掲示物の見落としによる不利益については、学生個人の責任となりますので、必ず1日1回以上掲示板を見るよう習慣づけてください。

なお、電話による各種問い合わせには、内容により対応します。

主に下記事項について、お知らせします。

  • 各種手続きに関する情報(手続方法・期間 等)
  • 授業の開講に関する情報(休講、補講実施、時限変更 等)
  • 試験に関する情報(試験日程、試験課題 等)

オフィスアワー

健康科学部では、学生からの授業内容等の質問や各種相談に応じる「オフィスアワー」の時間を設けています。各教員のオフィスアワーの時間帯は、シラバスを参照してください。

授業の履修について

履修登録とは

履修登録とは、受講する授業科目を登録することです。登録することにより、授業科目を受講することができます。(注:登録をしない授業科目は受講することができません。)

履修登録の流れ

[1] 履修指導

年度始めに当該年次で受講すべき科目等について指導・説明します。

[2]受講する授業科目の選択

履修指導を踏まえカリキュラム表・時間割をもとに、受講する授業科目を選択・確認してください。

[3]選択した授業科目を受講(各授業第1回目の受講)

選択した授業科目を実際に受講し、受講する授業科目を決定してください。

[4]受講する授業科目の登録手続

決定した受講する授業科目を登録します。

[5]手続完了、登録内容の確認

登録した授業科目を確認表で確認してください。

履修モデル

履修登録の参考として、履修モデルを示します。こちらはあくまでも参考例であり、課程修了のための最小限の履修単位数を示しています。履修登録上限単位数(年間48単位)の範囲で積極的に履修してください。

 履修モデル

カリキュラムツリー

カリキュラムツリーとは、身につける知識・能力と授業科目の対応関係、科目区分間、授業科目間の関係性や履修順序(配当年次)等を示した図です。この図を用いることで、授業科目を体系的に履修することができます。

理学療法学科

作業療法学科

福祉心理学科

成績について

単位算定基準

【健康科学大学学則 (第5章 教育課程及び履修方法等)】より抜粋

(単位の算定基準)

第14条

  1. 授業科目の単位は、次の各号に掲げる算定基準により定めるものとする。
    1. 講義及び演習については、15時間から30時間の授業をもって1単位とする。
    2. 実験、実習及び実技については、30時間から45時間の授業をもって1単位とする。
    3. 一の授業科目について、講義、演習、実験、実習又は実技のうち二以上の方法を併用して行う場合は、その組み合わせに応じ、前第2号に規定する基準を考慮して単位数を算定する。
  2. 前項の規定に関わらず卒業研究等の授業科目については、必要な学修等を考慮して単位数を算定する。

(単位の授与)

第15条

  1. 授業科目の単位は、当該授業科目を履修しその試験に合格した者又は試験に代わる適切な方法を経て合格基準を満たした者に対して授与する。

成績評価

授業科目の成績は、試験等の成績のほか平常における成績等を総合的に判断し、次表に掲げる基準により評価します。

【成績評価基準】

評価 100~90点 89~80点 79~70点 69~60点 59点以下
成績表示 S A B C D
判定結果 合格 不合格

 

GPAによる成績評価

健康科学部では、各個人の成績をGPA(Grade Point Average)によって算出し、各科目の成績と併せて学期末の成績発表時に通知します。

GPAとは、成績評価(S、A、B、C、D)に基づいて評価した成績の科目数に、それぞれのGP(Grade Point)を掛けて合計したものを履修登録した科目数の合計で割って計算した1単位あたりのGP平均値(Average)を示します。

成績評価等に対応するGPは、次表のとおりとなります。

【GP】

評価 S A B C D
GP 4.0 3.0 2.0 1.0 0.0

 

【GPA計算式】

GPAは、次の計算式により算出し、計算値は、小数点以下第2位を四捨五入する。

GPA = (履修登録した科目数×当該科目のGP)の合計
履修登録した科目数の合計(不合格科目を含む)

在学特待生

健康科学部では、在学中の学業成績が特に優れ、他の学生の模範となる者を特待生として選定し、授業料の一部に相当する額の奨学金を支給しています。

対象学年は3年次及び4年次です。

試験について

試験の種類

  1. 定期試験: 学期末に一定の期間を定めて行う試験
  2. 追試験: 公欠、病気、その他のやむを得ない理由により履修登録した授業科目に係る試験を受けることができなかった者に対して行う試験
  3. 再試験: 履修した授業科目に係る定期試験を受けた結果、不合格となった者に対して行う試験

試験の方法

試験は、筆記試験、実技試験及び口述試験のいずれかにより行います。授業科目により論文又はレポート等の提出をもって試験に代えることがあります。

卒業の認定について

【健康科学大学学則(第6章 卒業の要件及び学位)】より抜粋 

(卒業の要件)

第20条

  1. 卒業の要件は、次の各号に掲げるとおりとし、その全てを満たさなければならない。
    1. 休学期間を除き4年以上の在学年数を経ていること。
    2. 教育課程の所要単位を修めていること。
    3. 納入すべき学費が全て完納されていること。
  2. 第27条第1項の規定により入学を許可された者に係る在学年数は、前項第1号の規程に関わらず第27条第2項に規定する年数を経ているものとする。※
  3. 卒業に必要な単位の修得に関する細則は、別に定める。

(卒業の認定)

第20条の2

  1. 卒業の認定は、前条に規定する要件を全て満たしている者に対し、学長がこれを行う。

(学位)

第21条

  1. 学長は、卒業を認定した者に対して、学士の学位を授与する。
  2. 学士の学位は、次の区分によるものとする。
    健康科学部 学士(理学療法学)、学士(作業療法学)、学士(福祉心理学)
    看護学部 学士(看護学)

※第27条第1項及び第2項

(編入学)

第27条

  1. 次の各号の一に該当する者で、本学への入学を志願する者があるときは、別に定めるところにより選考の上、学長は入学を許可することができる。
    1. 大学を卒業した者又は中途退学した者(2年以上在学し、所定の単位を修得した者に限る。)
    2. 短期大学を卒業した者又は高等専門学校を卒業した者
    3. 専修学校の専門課程のうち修業年限が2年以上で、かつ課程の修了に必要な授業総時間が1700時間以上であるものを修了した者
    4. 学校教育法施行規則(昭和22年文部省令第11号)附則第7条の規定において、学校教育法による大学へ編入した場合の在学すべき年数が2年以上又は1年以上と定められている者
  2. 前項の規定により入学を許可された者の既に履修した履修科目及び修得した単位数の取り扱い並びに在学すべき年数については、学長が定める。

卒業所要単位

 

お問い合わせ

健康科学大学 健康科学部(富士山キャンパス)

教務・学生課 教務係
Tel: 0555-83-5220 E-mail: kyoumu@kenkoudai.ac.jp