新着情報

肥満における骨格筋減少のメカニズムの解明!糖尿病専門誌 Diabetes Research and Clinical Practice 誌のオンライン版に掲載
掲載日時: 2018年06月19日  お知らせ

 理学療法学科の田中将志講師が、日本人肥満患者における骨格筋減少のメカニズムを解明することを目的とした研究で、血中インスリン値の上昇とともに、骨格筋減少作用を有する分子・マイオスタチンの量が増加することで骨格筋減少につながる可能性があるということを世界で初めて明らかにしました。この成果は糖尿病専門誌  Diabetes Research and Clinical Practice誌 のオンライン版(2018 年 6 月 7 日)に掲載されました。

 

肥満における骨格筋減少のメカニズムの解明!

2018年度オープンキャンパス
ページの先頭に戻る