公開講座

カテゴリ:2012年 | 2012年11月05日

 平成24年10月21日(日)に本学B101講義室にて、コミュニティカレッジ講座(地域連携講座)が開催されました。この日は、学園祭(蒼麓祭)と富士河口湖町誕生祭が大学広場で行われ、同時刻にステージでは吉本興業の若手芸人がお笑いライブを行っている最中ではございましたが、本講座へ93名の参加者がございました。

 今回は地域住民の方への健康増進を目的とし「健康のまちづくり」をテーマに、医療機関、行政及び大学に何ができるか、それぞれの立場からの知見や実態の紹介と提案を行い、さらに参加者全員で討論を行いました。

 まず、富士河口湖町役場健康増進課(保健師)の渡辺里恵さんより、多くの地域住民の方に健康意識を高めてもらうための考察、検討が行われました。

     保健師の渡辺里恵さん          休憩前に参加者全員で体を動かしました
    

 次に、糖尿病患者さんと日頃接している小舘クリニック院長小舘秀介先生より、糖尿病についての定義・症状等の解説が行われました。引き続き、保健師の渡辺里恵さんと本学で糖尿病の研究を行っている石黒友康健康科学部長も交え、保坂内科クリニックの田中努さん(鍼灸師)を司会にお迎えし、参加者全員でのディスカッションが行われました。

       司会の田中努さん       糖尿病の解説をする小舘先生       討論会の様子
     

 最後に、ご参加頂いた皆様、開催の広報にご協力を頂きました富士河口湖町役場の皆様、本講座のチラシを掲示して頂いた地域の皆様、本講座にご協力頂いた保健師の渡辺里恵さん、小舘秀介院長、鍼灸師の田中努さん、誠にありがとうございました。
 今回のアンケートの回答の中では、「またこういった機会を増やしてほしい」との意見が多く、今後も地域の方々への知的財産の提供を行っていきたいと思います。


カテゴリ:2012年 | 2012年09月12日

 健康科学大学においては、正規の授業の一環として「リハビリテーション特別講義」を集中講義の形で毎年行っております。
 この授業は、医療や福社の第一線で活躍している方を招き、その業務の実際や当面している課題等について、実践的で具体的な話を聞くことによって、職業人として自立するための感性を身に付けることを目的として開講していますが、一般的にも非常に興味深い内容が多いので、公開授業の形で地域の方々にも参加していただくこととしています。
 今年度はその分野に関連する実践家を特別講師としてお招きして「絆をつくるー在宅の人を支える職種との連携」をテーマにお話していただくこととしました。
 なお、講義の日程等は以下に示す通りです。

 

[講義第1回]
●講義題目: 「在宅の人を支える 一言語聴覚士の立場から―」
●日  時: 平成24年9月26日(水)13時~16時10分 (3・4時限)
●場  所: 健康科学大学、B101教室
●講  師: 平沢 哲哉先生(言語聴覚士)
●受 講 料 : 無料

 [講義第2回]
●講義題目: 「在宅の人を支える 一保健師の立場から―」
●日  時: 平成24年10月10日(水)13時~16時10分 (3・4時限)
●場  所: 健康科学大学、B101教室
●講  師: 石原 準子先生(保健師)
●受 講 料 : 無料 
[講義第3回]
●講義題目: 「在宅の人を支える 一訪問看護師の立場から―」
●日  時: 平成24年11月14日(水)13時~16時10分 (3・4時限)
●場  所: 健康科学大学、B101教室
●講  師: 横内 理乃先生(訪問看護師・ホームヘルパー)
●受 講 料 : 無料  

[講義4]
●講義題目: 「在宅の人を支える 一ホームヘルパーの立場から―」
●日  時: 平成24年12月12日(水)13時~16時10分 (3・4時限)
●場  所: 健康科学大学、B101教室
●講  師: 横内 理乃先生(訪問看護師・ホームヘルパー)
●受 講 料 : 無料

 

 各回ともにお申込みは必要ございませんので、当日直接会場までお越しください。 当大学へのアクセスはこちら

[車・バスでお越しの方]
お車でお越しの方は駐車場がございますのでご利用ください。
大学のスクールバス(無料)をご利用される方は、こちらをご参照ください。お近くのバス停からご乗車ください。
 

お問い合わせ先 健康科学大学 教務・学生課
電話番号: 0555-83-5220    FAX: 0555-83-5100
E-mail: kyoumu@kenkoudai.ac.jp 


カテゴリ:2012年 | 2012年08月07日

大学コンソーシアムやまなし及び富士河口湖町との共催による公開講座「県民コミュニティカレッジ講座
(地域連携講座)」を下記の通り開催いたします。

テーマ
  「健康のまちづくり」
   
①13:00~14:00 「富士河口湖町の健康問題の特色」(講師:富士河口湖町職員 渡辺 里恵)
    ②14:00~15:30  「糖尿病 実態と治療・予防」(講師:小舘クリニック院長 小舘 秀介)

◆講座概要
 地域住民の健康増進のために、医師、行政及び大学に何ができるか、それぞれの立場からの知見や
 実態の紹介と提案を行い、参加者全員で討論します。

◆日時
 平成24年10月21日(日)

◆場所
 健康科学大学 B棟1階 B101講義室
 (〒401-0380 山梨県南都留郡富士河口湖町小立7187)

◆受講料
 無料 どなたでも参加できます。

◆お申込み・お問い合わせ

 健康科学大学総務課
 電話: 0555(83)5200   FAX: 0555(83)5100
 Email: soumu@kenkoudai.ac.jp

 

◆平成24年7月14日(土)に開催された「県民コミュニティカレッジ講座(地域連携講座)」の様子 

開催日時:平成24年7月14日(土)13:30から
テーマ :「息をする」ということ 
場 所 :富士河口湖町役場 1階 コンベンションホール


第1回:「呼吸器の構造」
講師 健康科学部理学療法学科 教授 坂本宏史

第2回:「『息苦しさ』は年のため」 講師健康科学部理学療法学科 助教 河戸 誠司

富士河口湖町の協力で町内老人クラブを中心に多数の方が詰めかけ、講座開始前に、急遽50席以上追加するほどの
大盛況ぶりでした。
高齢の方にもわかりやすく臨床結果や実例を基に解説を行いました。



 

 


ページの先頭に戻る