ボランティア活動

健康科学大学では、学生の皆さんにボランティア活動を積極的に呼びかけ、会員募集を行っています。ボランティアボードはもちろん、ボランティア会員に登録すると、随時メールにて情報が入ってきます。主に実習先からのボランティア依頼が多く、清掃活動やイベントのお手伝い、障害者の方の外出のお手伝いなど、種類も様々です。

参加している学生にとっては、医療・福祉の現場を楽しみながら体験でき、知識や技術を磨く勉強の場にもなっています。チャンスがあればぜひあなたも参加してみてください。

健康科学大学ボランティアセンター

健康科学大学ボランティアセンターでは、2007年度からボランティア活動のサポートを行っています。
実習先をはじめ、多くの施設からボランティアの依頼があり、中には長期休暇中に活動できるような県外からのボランティア依頼もあります。また、施設によってはボランティア後に施設見学を実施して下さる所もあり、利用者さんや患者さんと接することができるだけでなく、施設を案内してもらいながら実際の現場の様子を見ることもできるのです。下の表は主にボランティアの依頼があった施設の一覧です。ここからも分かるように沢山の施設から依頼があり、多くの学生がボランティア活動に盛んに参加しています。

障害者 身体障害者療護施設
知的障害者授産施設
知的障害者更生施設
精神障害者授産施設
地域生活支援センター
高齢者 介護老人保健施設
介護老人福祉施設
児童 児童相談所
知的障害児施設
児童養護施設
保育所
教育委員会
保護観察所
病院 精神科病院
診療所
総合病院
その他 学校
NPO法人
民間団体
ボランティアセンター
社会福祉協議会
手作りポスター写真

色とりどりの手作りポスターで、ボランティア情報をみんなに告知しています!

メールでもボランティアの情報を発信しているので、メールアドレスを登録してくれた学生にはメールでの呼びかけも行っています。ボランティアに参加したいという学生がいたら、依頼先と連絡を取り合ったり学生からの質問に対応したりといった活動もしています。

ボランティアは充実感や生きがいを感じられるだけでなく、実習前の貴重な現場経験の場としてや、就職を見据えた情報収集やアピールの場にもなります。
ボランティアに参加した学生からは、「楽しかった。」「勉強になった。」等多くの声が寄せられています。また、施設の方からも「とても助かった。」「熱心に活動していて感心した。」等のお礼の言葉が数多く届いています。

"より多くの学生にボランティア活動の楽しさや素晴らしさを知ってもらいたい"、そんな気持ちで日々活動をしています。
皆さんもボランティア活動に少しでも興味があったら、ボランティアセンターに足を運んでみて下さい。新しい発見ができるかもしれません。

◆ボランティアセンターHP

キャンパスライフ
各種証明書
ページの先頭に戻る