アドミッションポリシー(入学者受入方針)

1 全学共通のアドミッションポリシー

 健康科学大学では、豊かな福祉社会を支える医療・保健・心理の専門家を育成するため、次のような資質を備えた入学者を求めている。

(1)本学の建学の精神と教育目標を十分に理解している人。
(2)本学で学ぶために必要な基礎学力を身につけている人。
(3)向学心に富み、自ら考え、行動する意欲がある人。
(4)支援する人々の幸せを自分の幸せと感じることができる人。

(5)他人と良好なコミュニケーションがとれ、協調しながら行動できる人。

2 各学科のアドミッションポリシー

健康科学部

 【理学療法学科】

(1)自ら学び、医学を通じて社会に貢献する意欲と情熱のある人。
(2)調和のとれた人間性と偏らない判断力を備えた人。
(3)医学を修得するための基礎学力と問題解決能力のある人。
(4)医療界で通用するコミュニケ―ション能力を備えた人。
 

 【作業療法学科】

(1)医学や作業療法について学ぶ意欲があり、未知の分野への探求心に富んだ人。
(2)「なぜ?」、「どうして?」という疑問を持って、主体的に学ぶことができる人。
(3)豊かな感受性と思いやりの心を持ち、他人のつらさや喜びに共感できる人。
(4)自分の考えを伝え、話をよく聞くことができ、協調しながら行動できる人。
 

 【福祉心理学科】

(1)さまざまな分野に関心を持ち、柔軟で主体的に学ぶことができる人。
(2)人が好きで福祉や臨床心理に興味や関心がある人。
(3)豊かな情緒と感性を持ち、人と自分自身に誠実な人。
(4)福祉や心理の分野において活躍したいという情熱にあふれている人。
 

看護学部

(1)看護学分野に対する強い興味と関心を持ち、看護師に対する高い職業意識を有している人。
(2)学部教育及び国家試験の受験資格の取得並びに国家試験の合格に向けての学習意欲を有している人。
(3)高等学校で履修した主要科目について、教科書レベルの基本的な知識を有し、基礎的な課題を解くことができる人。
(4)自分の考えを口頭や文章により適切に表現することができ、他者に対して的確に伝えることができる人。
 

入学案内
学費・奨学金・特待生制度について
ページの先頭に戻る