授業の方法

【健康科学大学履修規程】より抜粋

(授業方法)
  第3条 授業科目に係る授業の方法は、講義、演習、実験、実習若しくは実技のいずれかにより、
   又はこれらの併用により行うものとする。
 
(授業期間)
  第9条 年間の授業期間は、定期試験等の期間を含め原則として35週とし、これを学年歴に定める
   ものとする。
  2 年度毎の学年歴は、事前に公表するものとする。
 
(開講方法)
  第10条 授業科目は、第7条に規定する教育課程の教育効果を図るため、前期又は後期に振り分
   け、前条に規定する授業期間に開講する。
  2 前項の規定に関わらず、教育効果上授業期間以外の開講が必要と認められる授業科目又は授業
   期間内での開講が困難である授業科目は、開講する時期を変更することがある。
  3 授業科目は、第6条に規定する単位の算定基準に基づき、授業内容を回数毎に分けて行う。
 
(授業時間)
  第11条 授業時間は、90分間をもって一時限とする。ただし、第6条に規定する単位の算定にあた
   っては、一時限を2時間とみなす。
  2 1日の授業時間は、次のとおりとする。
時限
時間
1時限
9:00~10:30
2時限
10:40~12:10
3時限
13:00~14:30
4時限
14:40~16:10
5時限
16:20~17:50
  
 

 

大学案内
ページの先頭に戻る