資料請求
井上 ウィマラ

井上 ウィマラ

健康科学部 福祉心理学科

教授

学位:―

主な経歴

甲府第一高等学校卒業
京都大学文学部哲学科中退

日本の曹洞宗、ミャンマーのテーラワーダ仏教にて出家修行
ヴィパッサナー瞑想、教典とその解釈学並びにアビダンマ心理学を学ぶ。

カナダ、イギリス、アメリカで瞑想指導の傍ら心理療法を学ぶ。

マサチューセッツ大学医学部のマインドフルネスに基づいたストレス逓減法 (MBSR)を特待生として研修後帰国。

高野山大学でスピリチュアルケアの基礎理論と援助法の開発に取り組む。

2019年4月より現職

専門分野

マインドフルネス
スピリチュアルケア
ファシリテーション

担当科目

健康とリハビリテーション (リレー式)
緩和ケア (金子先生と)
他者理解と信頼関係
現代の倫理
生命倫理
チームワークとリーダーシップ (加藤先生と)

主要研究テーマ

マインドフルネスの臨床的応用
生活全般におけるスピリチュアルケアとケアの循環

所属学会

パーリ学仏教文化学会
マインドフルネス学会 (理事)
仏教心理学会 (会長)

主要研究業績

著書:
『呼吸による気づきの教え』    佼成出版社
『看護と生老病死』        三輪書店
『人生で大切な5つの仕事』    春秋社
『呼吸のエクササイズ』      岩波アクティブ新書
『見つめてごらん』        佼成出版社
『こどもの心のありかに寄り添う』 主婦の友社
『心を開く瞑想レッスン』     大法輪閣

共著:
『スピリチュアルケアへのガイド』with窪寺俊之 青海社
『瞑想脳を拓く』with有田秀穂        佼成出版社
『マインドフルネスと催眠』with大谷彰    サンガ出版

訳書:
『呼吸による癒し』ラリー・ローゼンバーグ    春秋社
『ブッダのサイコセラピー』マーク・エプスタイン 春秋社

監訳:
『死にゆく人と共にあること』ジョアン・ハリファックス  春秋社

編著:
『仏教心理学キーワード事典』          春秋社

論文:
「仏教心理学から見たマインドフルネス」『精神医学』2019.6.15.
「律蔵における看病実践から医療者の燃えつき防止プログラムGRACEへ」『パーリ学仏教文化学』31号 2017.
「グリーフケアと仏教の再構築」『グリーフケア』3号 2015.
「Satipatthanasuttaにおける内外について」『パーリ学仏教文化学』27号 2012.

教育・研究に対する考え方

教えることは学ぶこと。
人生は最高の修行道場。

その他

人生の試行錯誤を楽しめるようになりましょう。