資料請求

遠藤 悠介

健康科学部 理学療法学科

助教

博士(保健医療科学)

主な経歴

【学位】
博士 (保健医療科学)

【学歴】
平成25年 茨城県立医療大学 保健医療学部 理学療法学科 卒業
平成29年 筑波大学 人間総合科学研究科 体育学専攻 スポーツ医学領域 修了
令和 3年 茨城県立医療大学 保健医療科学研究科 修了

【職歴】
平成25年 筑波大学附属病院リハビリテーション部
平成28年 茨城県立医療大学 保健医療学部 理学療法学科 嘱託助手
平成31年 健康科学大学 健康科学部 理学療法学科 助教

専門分野

バイオメカニクス, スポーツ医学, ロボットリハビリテーション(人間支援工学), 運動器理学療法学

担当科目

【総合基礎科目】
生活と物理

【専門科目】
理学療法評価学
運動学Ⅱ
バイオメカニクス演習
運動器理学療法学
運動器理学療法学実習
スポーツ理学療法学  他

主要研究テーマ

膝前十字靭帯損傷受傷メカニズム
動作分析, 表面筋電図計測を用いたバイオメカニクス研究
ロボットリハビリテーションの臨床応用

所属学会

所属
・日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 (JOSKAS)
・日本臨床スポーツ医学会
・日本整形外科スポーツ医学会
・日本体力医学会
・臨床歩行分析研究会
・日本スポーツ理学療法学会

Reviewer
・Asian Journal of Kinesiology
・Healthcare

主要研究業績

【研究業績詳細】
Researchgate : https://www.researchgate.net/profile/Yusuke_Endo4
Researchmap : https://researchmap.jp/yejpn

【解説, 総説, 特集】
1.着地動作の医科学
着地動作における膝関節運動の解析
遠藤悠介, 川島由香里, 六崎裕高, 水上昌文
臨床スポーツ医学 (文光堂) 36巻5号, 2019年

2. 整形外科診療における最先端技術 Ⅴ.リハビリテーション, 義肢, 装具
脳性麻痺患者に対するロボットスーツを用いた歩行訓練の実際とその効果
中川将吾, 六崎裕高, 鎌田浩史, 俣木優輝, 遠藤悠介, 松田真由美, 高橋一史, 岩崎信明, 山崎正志
別冊整形外科 (南江堂) 1巻75号, 2019年

【研究助成費】
2019–2020年度:科学研究費補助金 (研究活動スタート支援)
研究代表者:研究課題名「生体膝関節運動における脛骨高原および半月板の形状が及ぼす影響の解明」

【学術論文】
1. The progress of the gait impairment and brain activation in a patient with post-stroke hemidystonia
Satoshi Yamamoto, Daisuke Ishii, Kyoko Kanae, Yusuke Endo, Kenichi Yoshikawa, Kazunori Koseki, Ryo Nakazawa, Hanako Takano, Masahiko Monma, Arito Yozu, Akira Matsushita, Yutaka Kohno
Physical Therapy Research. in press

2. パーキンソン病患者におけるHonda歩行アシストを用いた歩行訓練の即時的な効果
山本 哲, 吉川 憲一, 古関 一則, 石井 大典, 仲澤 諒, 高野 華子, 遠藤 悠介, 四津有人, 松下明, 河野豊
運動障害. in press

3. Difference in sex and the effect of a dominant lower extremity in the posterior tibial slope angle in healthy Japanese subjects.
Yusuke Endo, Masahiro Takemura, Masahiko Monma, Hirotaka Mutsuzaki, Masafumi Mizukami
Asia-Pacific Journal of Sports Medicine, Arthroscopy, Rehabilitation and Technology. 2021; 23

4. Feasibility case study for treating a patient with sensory ataxia following a stroke with kinesthetic illusion induced by visual stimulation
Toshiyuki Aoyama, Atsushi Kanazawa, Yutaka Kohno, Shinya Watanabe, Kazuhide Tomita, Takehide Kimura, Yusuke Endo, Fuminari Kaneko
Progress in Rehabilitation Medicine. 2020; 5

5. Gait Training Using a Wearable Robotic Device for Non-traumatic Spinal Cord Injury: A Case Report
Kenichi Yoshikawa, Hirotaka Mutsuzaki, Kazunori Koseki, Yusuke Endo, Yuko Hashizume, Ryo Nakazawa, Toshiyuki Aoyama, Arito Yozu, Yutaka Kohno
Geriatric Orthopaedic Surgery & Rehabilitation. 2020; 11

6. Gait training using a hip-wearable robotic exoskeleton after total knee arthroplasty: A case report
Kazunori Koseki, Hirotaka Mutsuzaki, Kenichi Yoshikawa, Yusuke Endo, Atsushi Kanazawa, Ryo Nakazawa, Takashi Fukaya, Toshiyuki Aoyama, Yutaka Kohno
Geriatric Orthopaedic Surgery and Rehabilitation. 2020; 11

7. Influence of a Foot Insole for a Down Syndrome Patient with a Flat Foot: A Case Study.
Endo Y, Kanai Y, Yozu A, Kobayashi Y, Fukaya T, Mutsuzaki M
Medicina. 2020; 56(5)

8. Use of the malleoli as landmarks for flatfoot in patients with Down syndrome.
Kanai Y, Mutsuzaki H, Watanabe M, Takeuchi R, Mataki Y, Endo Y, Yozu A
J Phys Ther Sci. 2020 ;32(5)

9. Safety and immediate effects of Hybrid Assistive Limb in children with cerebral palsy: A pilot study.
Nakagawa S, Mutsuzaki H, Mataki Y, Endo Y, Matsuda M, Yoskikawa K, Kamada H, Iwasaki N, Yamazaki M
Brain and Development. 2020; 42(2)

10. Adjusting Assistance Commensurates with Patient Effort During Robot-Assisted Upper Limb Training for a Patient with Spasticity After Cervical Spinal Cord Injury: A Case Report
Yoshikawa K, Koseki K, Endo Y, Yamamoto S, Kanae K, Takeuchi R, Yozu A, Mutsuzaki H
Medicina. 2019 14;55(8)

11. Newly developed hybrid assistive limb for pediatric patients with cerebral palsy: a case report
Nakagawa S, Mutsuzaki H, Mataki Y, Endo Y, Matsuda M, Yoshikawa K, Kamada H, Yamazaki M
J Phys Ther Sci. 2019 ;31(8)

12. Improvement and sustainability of walking ability with hybrid assistive limb training in a patient with cerebral palsy after puberty: a case report.
Nakagawa S, Mutsuzaki H, Mataki Y, Endo Y, Kamada H, Yamazaki M
J Phys Ther Sci. 2019 ;31(8)

13. Gait Training Using the Honda Walking Assistive Device® in a Patient Who Underwent Total Hip Arthroplasty: A Single-Subject Study.
Koseki K, Mutsuzaki H, Yoshikawa K, Endo Y, Maezawa T, Takano H, Yozu A, Kohno Y.
Medicina. 2019 14;55(3)

14. Safety and efficacy of robotic elbow training using the upper limb single-joint hybrid assistive limb combined with conventional rehabilitation for bilateral obstetric brachial plexus injury with co-contraction: a case report.
Kubota S, Mutsuzaki H, Yoshikawa K, Takeuchi R, Endo Y, Koseki K, Kohno Y, Yamazaki M.
J Phys Ther Sci. 2019 ;31(2)

15. Knee biomechanics changes under dual task during single-leg drop landing.
Kajiwara M, Kanamori A, Kadone H, Endo Y, Kobayashi Y, Hyodo K, Takahashi T, Arai N, Taniguchi Y, Yoshioka T, Yamazaki M.
J Exp Orthop. 2019 7;6(1)

16. Long-term sustained effect of gait training using a hybrid assistive limb on gait stability via prevention of knee collapse in a patient with cerebral palsy: a case report.
Endo Y, Mutsuzaki H, Mizukami M, Yoshikawa K, Kobayashi Y, Yozu A, Mataki Y, Nakagawa S, Iwasaki N, Yamazaki M.
J Phys Ther Sci. 2018 ;30(9)

17. Honda歩行アシストを用いた歩行練習により歩行能力の改善を認めた頸髄損傷による不全四肢麻痺の一例
古関 一則, 高野 華子, 四津 有人, 竹内 亮子, 吉川 憲一, 前沢 孝之, 遠藤 悠介, 俣木 優輝, 冨田 和秀, 六崎 裕高, 河野 豊
運動障害 28(1) 35-42 2018年7月

18. Effects of friction massage of the popliteal fossa on blood flow velocity of the popliteal vein.
Iwamoto K, Mizukami M, Asakawa Y, Endo Y, Takata Y, Yoshikawa K, Yoshio M.
J Phys Ther Sci. 2017 ;29(3)

19. 動的バランス評価指標modified index of postural stability (MIPS) の再現性と有用性について
岩渕 慎也, 鈴木 康裕, 加藤 秀典, 田邉 裕基, 遠藤 悠介, 石川 公久, 羽田 康司
理学療法学 44(2) 2017年

20. 地域在住者において大腿直筋の筋輝度はHbA1cおよび膝伸展筋力と関連する
塩見 耕平, 遠藤 悠介, 丸山 剛, 萩野谷 歩, 鈴木 康裕, 石川 公久, 羽田 康司
理学療法いばらき;21, 2017年

21. 当院におけるTHA患者の満足度調査
萩野谷 歩, 塩見 耕平, 岸本 圭司, 晝田 佳世, 遠藤 悠介, 石川 公久
国立大学リハビリテーション療法士学術大会誌 2015年

【学会発表】(国際学会、筆頭演者のみ記載)
1.Electromyographic Effect of Single-Joint Hybrid Assistive Limb on Upper Limb Rehabilitation for a Patient with Hemiplegia after Botulinum Toxin Injection Therapy: A Case Study
Yusuke Endo, Akira Matsushita, Arito Yozu, Kenichi Yoshikawa, Kazunori Koseki, Satoshi Yamamoto, Hirotaka Mutsuzaki, Masafumi Mizukami, Yutaka Kohno
13th ISPRM (Kobe)

2.Assessing Walking Ability in the Children with Cerebral Palsy: A Comparative before-andafter Gait Training Using the Newly Developed Hybrid Assistive Limb
Shogo Nakagawa, Hirotaka Mutsuzaki, Yuki Mataki, Hiroshi Kamada, Arito Yozu, Kenichi Yoshikawa, Mayumi Matsuda, Yusuke Endo, Nobuaki Iwasaki, Masashi Yamazaki
13th ISPRM (Kobe)

3.The Relationship between the Foot Alignment and the Age in Patients with Down Syndrome Who Have Used an Insole
Yoshihide Kanai, Hirotaka Mutsuzaki, Arito Yozu, Yuki Mataki, Ryoko Takeuchi, Tomohiro Nakayama, Yusuke Endo, Nobuaki Iwasaki
13th ISPRM (Kobe)

4.Substitutability of Measuring the Height of Malleolus Medialis and Lateralis Instead of Navicular Bone in Evaluation of Medial Longitudinal Arch in Patients with Down Syndrome
Yoshihide Kanai, Hirotaka Mutsuzaki, Arito Yozu, Momoko Watanabe, Ryoko Takeuchi, Yuki Mataki, Tomohiro Nakayama, Yusuke Endo, Nobuaki Iwasaki
13th ISPRM (Kobe)

5.ACL再建後の片脚着地動作における健側および患側脛骨回旋角度の検討-Point Cluster法を用いて-
遠藤悠介, 六崎裕高, 小林育斗, 水上昌文
第23回日本基礎理学療法学会学術大会

6.脛骨後方傾斜角と脛骨内旋運動の関係
遠藤悠介, 竹村雅裕, 六崎裕高, 小林育斗, 門間正彦, 水上昌文
第5回日本スポーツ理学療法学会学術大会

7.ロボットスーツHALを用いた歩行練習が小児脳性麻痺患者の下肢関節角度および筋活動に与える影響
遠藤悠介, 六崎裕高, 水上昌文, 四津有人, 吉川憲一, 俣木優輝, 中川将吾, 岩崎信明
第2回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会

8.足部インソール挿入がダウン症患者の歩行時膝関節回旋角度に及ぼす影響
遠藤悠介, 金井欣秀, 六崎裕高, 四津有人, 深谷隆史, 竹内亮子, 俣木優輝, 中山智博, 岩崎信明
第2回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会

9.Robotic rehabilitation training with a newly developed upper limb single-joint Hybrid Assistive Limb (HAL-SJ) for an adult with birth palsy
Shigeki Kubota, Kenichi Yoshikawa, Ryoko Takeuchi, Yusuke Endo, Ayumu Sano, Kazunori Koseki, Yuki Mataki, Nobuaki Iwasaki, Yutaka Kohno, Hirotaka Mutsuzaki
12th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress

10.脳性麻痺患者に対するロボットスーツHALによる歩行練習効果の検討―距離時間因子に着目して―
遠藤悠介, 四津有人, 六崎裕高, 俣木優輝, 渡慶次香代, 久保田茂希, 吉川憲一, 松田真由美, 中山智博, 冨田和秀, 水上昌文, 岩崎信明
第55回日本リハビリテーション医学会学術集会

11.脛骨後方傾斜角が膝関節運動および下肢筋活動に及ぼす影響
遠藤 悠介, 竹村 雅裕, 門間 正彦, 岩本 浩二, 水上 昌文
第21回茨城県理学療法士学会

12.MRIを用いた脛骨近位端の形状評価 ―脛骨後方傾斜角度ならびに脛骨冠状傾斜角度の性差の検討―
遠藤 悠介, 竹村 雅裕, 門間 正彦, 岩本 浩二, 水上 昌文
第52回日本理学療法学術大会

13.MRIを用いた脛骨後方傾斜角度の測定方法の検討
遠藤悠介, 竹村雅裕, 門間正彦, 金森章浩, 宮川俊平
第71回日本体力医学会大会

他 25 件

教育・研究に対する考え方

「頭は柔らかく、フットワークは軽く」という姿勢が研究(何かを学ぶとき)には大事だと思います。

モーションキャプチャーや筋電図を使用して、スポーツ傷害のメカニズムを解明する研究や人間支援工学の研究を行っています。
企業様・他大学様との共同研究も積極的に行っていますので、ご興味のある方はご相談ください。
連絡先:y.endo@kenkoudai.ac.jp