資料請求

【学長メッセージ】 学生及び保護者の皆様へ ~後期授業開始にあたり~

2020年9月25日

学生及び保護者の皆様へ
 

 本学では、新型コロナウイルス感染症の影響により前期4月からの課題提示型の授業に続き、6月からはオンラインによる遠隔授業の開始と同時に、感染症対策を講じた上で一部の授業で登校しての対面授業を実施してきました。オンラインによる遠隔授業では、皆さん本当に苦労していると聞いています。また、こうした授業形式の変化のみならず、新型コロナウイルス感染症が社会全体に与えた影響は計り知れず、学生の皆さんの日常生活にも大きな変化をもたらしています。特に大学への登校に制限があることから、友人を作れない、会えない、自分だけ取り残されているのではないかなど、学生ならでは(特に1年生)の不安を感じていることと思います。

 
 すでに後期授業が始まりましたが、ご承知の通り、後期も現段階では、オンラインによる遠隔授業を中心としています。ただし、後期は学生の皆さんが、前期より少しでも多く大学に登校することができるよう、また文部科学省の通知も遵守して、感染症対策を講じた上で学修環境等を整備し、綿密な授業スケジュールを改めて抜本的に組み直しました。大学への登校については、様々な意見があることは承知していますが、社会全体及び山梨県全体の新型コロナウイルス感染症の状況を見極め、学生の皆さんが安心して学修できるよう、引き続き対応を検討していきます。

 
 学生の皆さんは、3密を避けることなど、本学の感染症対策を遵守した行動を心掛け、感染防止・感染拡大防止のためにできる努力を今後も継続していただくようお願いします。そうした取り組みが学生の皆さんやご家族の健康、命はもちろん、皆さんの学生生活を守ることにもつながります。

 
 また、本学では、新型コロナウイルス感染症に関する差別や偏見を許しません。幸いにも、本学では現在、新型コロナウイルスに感染した方は確認されていませんが、新型コロナウイルスには、誰もが感染する可能性があり、感染した人が悪いということではありません。学生の皆さんは、誤った情報や不確かな情報に惑わされることなく、人権に配慮した適切な行動をお願いします。そして、困ったことや、悩んでいることがあれば教職員に気軽に相談してください。

 
 本学は、学生の皆さんやご家族をはじめとした、皆さんの大切な方の健康と安全を守ることを最優先に考え、今後も大学としての責任を果たすため全力で取り組んでまいります。今後とも、引き続き皆様のご理解とご協力をお願いします。

 

健康科学大学 学長 笹本 憲男