滞在型産後ケア

宿泊型ケア

授乳や泣き、寝ぐずりなどで悩まれている方、疲労がたまって休息目的目的の方、みなさん一人ひとりの状況をお聞きして体調やニーズにあったケアをいたします。まずお家にいる時と同様にお子さんと一緒にお部屋でお過ごしいただきます。泣かれてどうしてよいかわからず困ったとき、授乳を見てほしいときなどにお知らせください。スタッフが様子を見てどうしたらよいか一緒に考えたりアドバイスさせていただきます。

抱き方や沐浴の方法などの基本的なこともじっくり体得できます。入所中にベビーマッサージ、バウンサーやスリングなどの使い方を学べる時間帯がありますので自由に参加してください。基本的に食事、入浴、母乳ケアなどのケア中はお子さんをお預かりいたしますのでゆっくりお過ごしください。また、赤ちゃんのお風呂など一人では心配で出来なかったことも、お家での様子をお聞きしながら一緒に考え試してみることが出来ます。ご家族への指導をご希望の場合はご相談ください。皆様の普段の生活をベースにケアの提案や指導をさせていただいていますので、2泊以上ご利用いただけるとより安心して今後の生活を過ごしていただけると考えます。

産後の身体に優しい栄養バランスを考えた和食中心のお食事を提供いたします。量が多いと感じられる方、間食が欲しい方など個人差があります。間食の持ち込みはOKですのご自身の体調にあわせてご判断ください。

家庭に戻ってからの子育てをお互いにサポートしあえるような、お母さん同士の交流の機会をもったり、お住まいの地域の子育て支援情報を提供いたします。

*当センターは医療機関ではありません。新生児から4カ月までのお子様がご利用されますので、健康状態に問題のない方のみがご利用いただけます。お母さまやお子様の健康状態によってはセンターの判断で退所をお願いする場合もありますのでご了承ください。

山梨県産後ケア事業対象の方

山梨県にお住まいで、周囲の支援が受けられない方や不安や負担感、疲労感を感じている等の産後4か月までのお母さんとお子さんが利用できます。住民票がある市町村に申し込んでいただきますので、母子健康手帳の手続きをした窓口へおたずねください。

ご利用予約はお母さんご本人から直接センターにお電話(平日10時~16時)ください。

チェックイン 15:00
チェックアウト 10:00
定員 6組
お部屋 洋室4部屋
(お子さんのご兄弟が一緒に宿泊できるお部屋 1室)
和室2部屋
(お子さんのご兄弟が一緒に宿泊できるお部屋 1室)

利用料金

1泊2食

6,100円(昼食は別途1000円)

*たとえば 3泊4日 6,100円×3+1000円×2=20,300円

*この金額は、山梨県産後ケア事業の対象となった方の料金で、県とお住まいの市町村が助成いたします。

*双子の場合は1日あたり1,500円の管理料がかかります。

 (1泊2食 6,100円+1,500円)

基本料金 1泊2食 33,900円

山梨県産後ケア事業の利用対象にならない方は、基本料金の金額でご利用いただけます。

 

家族の滞在その他の料金に関すること(対象は未就学児のみです)

上の子が宿泊する場合(居室利用料、管理料)
3歳未満児 1泊 5,000円
3~6歳未満児 5,000円

宿泊できるのは小学校入学前までのお子様で、原則お一人までです。保育園、幼稚園の送迎はご家族等に行っていただきます。就学前のお子さんが2人以上いらっしゃる場合はご相談ください。

上の子が滞在する場合(9:00~18:00)
3歳未満児 3,000円
3~6歳未満児 3,000円

例 2歳のお子さんが1日滞在し宿泊される場合は
(滞在費3,000+宿泊費5,000円)×1日分=8,000円

山梨県外の方

山梨県外にお住まいで里帰り出産や産後滞在されている方もご利用いただけますが、山梨県民が優先されますので利用日程は空室状況により調整させていただくことがあります、ご了解ください。
利用料金は、1泊2食33,900円+昼食1000円回数分となります。

日帰り型ケア

宿泊型ケアと同じ内容のケアを日帰りで提供いたします。平日の10時~16時にお電話でお申込みください、宿泊の方が優先ですが空室があれば随時受け付けます。県内外、地域を問わずご利用いただけます。

時間 10:00~16:00 週2~3日の予定
利用料金 1日14,000円
(昼食は別途1000円)
市町村によっては助成金が出るところもあります。
宿泊用の居室が空いている場合にご利用できます。

滞在型ケア(宿泊型、日帰り型とも)の利用基準について

  1. ご家族に関すること
    • ご家族とは、夫、両親、子(兄、姉)のことです。一緒に宿泊できるのはお子さんだけです。夫は宿泊出来ません。
    • ご家族の面会は9:00~18:00まで、夫のみ20:00までといたします。
    • 18:00以降は正面玄関を閉め、インターホン対応(土・日・祝日も含む)といたします。産後のお母さん方は休養が必要ですのでご協力お願いいたします。
    • 宿泊利用者のご家族で、沐浴指導や育児技術(抱き方、おむつの替え方等) 生活全般の支援の仕方等についてご相談されたい方は遠慮なく申し出てください。宿泊利用中に無料で助産師がご相談に応じます。
  2. 外出について
    原則としてセンター宿泊中、滞在中は事故防止のため外出禁止とさせていただきます。上のお子さんの通園などに関することは直接ご相談ください。
    持参品の育児用品その他足りないものがあるときはお申し出ください。販売またはレンタルのご用意があります。
  3. 持参品
    母子の着替え、バスタオル、フェイスタオル、コップ、洗面用具一式、シャンプー、リンス、ボディソープ、ヘアブラシ、生理用品、おむつ、おしりふき、ガーゼのハンカチ、おくるみ、・・センター内に洗濯機がありご自由にお使えいただけます。
    必要な方(哺乳瓶、哺乳瓶洗浄ブラシ、ミルク)
    母子健康手帳、保険証(母子の分)
  4. 施設常設のもの
     冷凍冷蔵庫、加湿空気清浄機、電気ポット、時計、ティッシュ、トイレットペーパー、ハンドソープ、哺乳瓶洗浄液、電子レンジ対応哺乳瓶消毒容器、ドライヤー、貴重品入れ、 ビンブラシ立て、はし、スプーン、フォーク、洗濯用洗剤、洗濯ピンチ *宿泊中は洗濯機及び乾燥機、洗剤はお使いいただけます。ベランダにも干せます。

5.販売品、レンタル品
  販売品 (ビンブラシ、ミルク、紙おむつ、おしりふき、母乳ケアに関するもの、タオル等)
  レンタル品(パジャマ、ベビーの衣類)

妊婦の宿泊

出産の前に1泊2日のセンター体験で一つでも不安を取り除き、前向きにお産に臨みましょう。

・出産や産後の生活がとにかく不安…。・腰痛や肩こりなどマイナートラブルを相談したい。

・赤ちゃんのいる生活ってどんな感じ?・産前産後ケアセンターってどんなところ? 

対象となる妊婦さん

 経過が順調な県内医療機関で出産予定の35週未満の方。(里帰り出産の方もOK) 初産・経産は問いません。(ただし、上のお子さんの滞在宿泊は出来ません)

*多胎妊娠の方、張り止めを処方されている方、前回妊娠経過に異常があった方は宿泊できません。        *体調に不安のある方は主治医にご相談ください。

宿泊料金 1泊2日 20,000円  特典:センターで開催の妊婦さん向けの健康教室全て無料

宿泊中の過ごし方

1日目 チェックイン 9:30

・健康教室に参加または見学 ・宿泊の目的の確認 足湯 ・不安や疑問の相談

・体操、育児グッズ紹介 ・マット浴や赤ちゃんとの遊び、スリングなど見学 

・児心音の聴取・ 昼、夕の食事は利用中のママたちとご一緒に  

・石和温泉のお風呂でゆったりくつろいで…

2日目 チェックアウト 10:00

    朝食後、チェックアウトまでゆっくりお過ごしください。

*健康教室開催日にご利用できます。

*宿泊日については産後の方優先のため、希望日の1週間前から予約をお受します。

 

ページの先頭へ戻る