少人数制のクラス活動

渡邊研究室

すべての学生を一人の「個」としていつでも真剣に向き合ってくれる手厚い指導に学生も信頼を寄せています。

担当教員プロフィール

渡邊 隆文 講師
渡邊 隆文 講師
[専門分野]児童福祉、援助技術

先生が心掛けているのは、教員の言葉は学生にとってすべて“正解”に聞こえてしまうので先に意見を言わないということ。学生の本音を引き出していくことで、活発な意見が飛び交うやりとりが展開されています。


渡邊研究室の様子

「どうしてそう思うの?」は先生がよく使う言葉の一つ。考えをより掘り下げながら学修を進めます。

渡邊研究室の様子

壁を埋め尽くしているのは、国家資格をめざす4年生がわからないポイントをまとめた模造紙。

渡邊研究室の様子

学生の話に耳を傾けて意見は決して否定せずに助言をプラスしてくれる先生。多くの学生が相談に訪れます。


五味由佳さんと河西樹蘭さんと渡邉くるみさんと渡邊隆文講師

渡邉 くるみ さん

渡邉 くるみ さん【福祉心理学科3年※】:
国家試験に向けて先輩たちはどんな勉強をしているんですか?

五味 由佳 さん【福祉心理学科4年※】:
3年分の過去問を解いて、自分たちで解説集を作ったよね。

五味 由佳 さん
渡邊 隆文 講師

渡邊 隆文 講師:
解説集を作ることで、出題者の意図をつかむことができる。そうすれば知らない問題でも対応できる「勘」が鍛えられるんだ。

河西 樹蘭 さん【福祉心理学科4年※】:
私たちは二人だったから、研究室で個人勉強しても意味がないと思っていて、教え合うように勉強していたの。

河西 樹蘭 さん
五味 由佳 さん

五味 由佳 さん:
そうだね。一人で勉強するより、○○さんがこう言ってたなとか記憶が残るし。

渡邊 隆文 講師:
ティーチングスキルって言って、人に教えることでも知識は定着するんだよ。

渡邊 隆文 講師
河西 樹蘭 さん

河西 樹蘭 さん:
あとは、ゴロ合わせを作ったり、カルタにしたり、試験まで長いから楽しくやったらいいんだよ。

渡邉 くるみ さん:
すごいですね。とても貴重なお話です。

渡邉 くるみ さん
渡邊 隆文 講師

渡邊 隆文 講師:
高校までは授業で言われたことを覚える。でも大学は学生主体で学んでいくものだからね。

渡邉 くるみ さん:
先生の講義で「考える」時間が多いのはそういうことなんですね。

渡邉 くるみ さん

※取材時の学年。4年生は既卒。

宇賀研究室

自分の「やりたいこと」に思いきりチャレンジできる。視野を広げ、多様な選択肢があることを教えてくれます。

担当教員プロフィール

宇賀 美奈子 教授
宇賀 美奈子 教授
[専門分野]神経生理学

「世の中にはたくさんの企業・職種があります。4年間でじっくり自分と向き合って選んでほしい。」と宇賀先生。4年間で考え方や進路が変わっても全然良い。学生が納得できる道を見つけられるようサポートしています。


宇賀研究室の様子

先生と定期試験までのスケジュールを確認、時間配分を相談し、ポイントを絞って勉強に集中します。

宇賀研究室の様子

学生のやりたいことを全面サポート。PCのプログラムから、プライベートなことまで何でも話せます。

宇賀研究室の様子

数学や情報処理に精通している宇賀先生。JAVAのプログラミングについての指導もお手のものです。


中込郁也さんと渡邊哲也さんと工藤れんさんと宇賀美奈子教授

工藤 れん さん

工藤 れん さん【福祉心理学科4年※】:
宇賀先生は優しくて、やりたいことをとことんやらせてくれる先生だよね。

渡邊 哲也 さん【福祉心理学科4年※】:
自分のペースでできる。

渡邊 哲也 さん
中込 郁也 さん

中込 郁也 さん【福祉心理学科4年※】:
笑顔で「やってみなよー」と言われると、やる気が倍増するし。最終的に選んだ道も応援してくれた。

宇賀 美奈子 教授:
いろいろ経験して、国家資格をめざさないという道があっても全然良いと思うの。

宇賀 美奈子 教授
渡邊 哲也 さん

渡邊 哲也 さん:
そういえば、中込くんが淹れてくれたハーブティーは忘れられないな。

工藤 れん さん:
寒い時期にみんなで飲んで元気になったよね。

工藤 れん さん
中込 郁也 さん

中込 郁也 さん:
そうそう、張り切ってレパートリーを増やしたんだけど先生にもうやめなさいと止められた(笑)

宇賀 美奈子 教授:
試験前の大切な時期だったのに、お茶に集中していたからよ。やる時はやる。メリハリをつけましょう。

宇賀 美奈子 教授
渡邊 哲也 さん

渡邊 哲也 さん:
試験も乗り切ったし、新しいお茶待ってます!

※取材時の学年。既卒。

健康科学部
ページの先頭に戻る