学生生活・進路サポート

4年間のフォロー体制

  クラス分けなど指導体制 学びの流れとフォローアップ
1年次 2クラス
(各クラス担任1名)
  • 総合基礎科目を中心に幅広く学びます。
  • 専門科目や教員とのコミュニケーションを通して、ソーシャルワーカー等の仕事に対する理解を少しずつ深めます。
  • 1年次後半には、研究室を具体的に紹介し、この時点での希望をとります。
2年次 1クラス
(学年担任1名)
  • 専門科目で心理学・社会福祉の各領域の基礎を学び、進路選択にそなえます。
  • 進路に悩んだ場合は、原則まず学年担任に相談。その後は学生の悩みや希望に沿って、各分野の専門教員が個別に対応します。
  • 2年次の終わりに、どの研究室に所属したいか希望調査を行い、面談を経て決定します。
3年次
4年次
研究室ごと
  •  自分の進路に合った教員の研究室に所属します。
    (資格取得をめざす研究室は国試対策や資格に関する学び、資格取得をめざさない研究室は、心理系や一般就職のための学び)

メリット・特長

【1・2年次】
入学前に自分の進路を決めきれていなくても、イメージとのギャップに苦しんでも、入学後に無理なく納得しながら進路を選択できます。

【3・4年次】
研究室では、単なる勉強や進路選択だけでなく、「自分がどう生きていきたいか」を模索できるよう、深い指導を行っています。


柾木 隆寿 講師

学生自身がやりたいことを見つけ出せるように、時間をかけてでも考え抜ける環境を与えるようにしています。

柾木 隆寿 講師

一般就職をめざす学生へのフォロー

3年次の3月頃から始まる就職活動に向けて、自身の根底にある考え方 や家庭環境・大学入学までのバックグラウンドなどを教員と共有しながらそれぞれの生き方を見つめます。教員・学生同士の繋がりがとても強くなり、この関係性に基づいて、卒業まで指導していきます。

3年次の3月中は、履歴書の書き方や面接指導などを含めた個別指導、インターンシップ参加の相談・指導を行います。

4年次は研究室を中心にした学びをしつつ、納得するまで就職活動に時間を充てることができます。

CROSS TALK

細川里菜さんと瀧口綾准教授

瀧口 綾 准教授

瀧口 綾 准教授:
就職活動はどんな人生を生きるかっていう人生設計なので、小さい頃の夢を振り返ったり他者分析をしたりしたよね。

細川 里菜 さん【福祉心理学科4年※】:
他者分析は新鮮でした。自分は周りからそう見えているんだとみんなが教えてくれて。なので、エピソード付きで履歴書に書いたり面接で答えたり、役に立ちました。でも、私はやりたいことが多すぎて悩んでました。

細川 里菜 さん
瀧口 綾 准教授

瀧口 綾 准教授:
もともと細川さんは行動的なので、ちょっと動いてごらんって言ったら、地元のお店に求人ありませんかって自分で行ったりね(笑)。

細川 里菜 さん:
クラスで就活の状況を全員にオープンにしていたじゃないですか。焦ってたのもありました。

細川 里菜 さん
瀧口 綾 准教授

瀧口 綾 准教授:
クラスは信頼関係で成り立つものなの。細川さんみたいにフォローしてくれる人がいるから、それができたんだよ。

細川 里菜 さん:
いえいえ。私も背中を押してもらったし、進みたい道が決められたのでよかったです。

細川 里菜 さん

※取材時の学年。既卒。

国家資格取得をめざす学生へのフォロー

現場実習フォロー

実習中のきめ細かな指導で不安を解消

現場実習フォローの様子社会福祉士、精神保健福祉士の国家試験受験を希望する人は、それぞれ現場実習があり、現場での専門家の役割を学びながら将来に備えます。
担当教員が行う実習地巡回訪問や帰校日指導によって、疑問を解消しながら不安なく実習を進めることができます。


吉田 里佳さん

200問テストで知識を整理し、実習計画表を作成して臨みます。
いろいろな方と関われるのが楽しみです。

吉田 里佳 さん【福祉心理学科4年】
(飛鳥未来高等学校(東京都))

実習先に関わらず、どの分野でも通じるソーシャルワークの根底をまずは感じ取ってほしいと思います。

古川 奨 講師

古川 奨 講師

現場実習の概要

  社会福祉士をめざす場合 精神保健福祉士をめざす場合
科目名 相談援助実習 精神保健福祉援助実習
期間 23日以上かつ180時間以上 90時間以上の医療機関での実習
120時間以上の福祉施設等での実習
時期 3年次1~3月 4年次8~9月
場所 老人福祉施設
児童福祉施設
障害者支援施設
福祉事務所
総合病院 など
精神科病院
精神障害者施設
生活訓練施設
精神保健福祉センター
保健所 など

国家試験対策

少人数学修の徹底で合格をめざす

教員が毎日研究室を開放し、少人数のグループ学修で疑問点を丁寧に取り除きます。


木下 聖太郎さん

理解したつもりでも、模擬試験で解けないポイントが明確に。
ノートにまとめたり、ネットで図解を探したり工夫しています。

木下 聖太郎 さん【福祉心理学科4年※】
(山梨県立日川高等学校出身)

知識を増やす1問1答、解法テクニックを身につける模擬問題集など、時期や習熟度に応じた対策を行っています。

渡邊 隆文 講師

渡邊 隆文 講師

※取材時の学年。既卒。

4年次の国家試験対策スケジュール

独自の過去問題分析や集中講義により、学科全体でサポートしています。

4年次の国家試験対策スケジュール表

健康科学部
ページの先頭に戻る