就職データ・卒業生の声

就職データ

主な就職先

(過去の卒業生実績[近県抜粋])

山梨県

[公務員・各種団体]
山梨県、山梨県警察、甲府市役所、笛吹市役所、富士吉田市役所、都留市役所、甲州市役所、富士河口湖町役場、鳴沢村役場、忍野村役場、山中湖村役場、山梨県社会福祉事業団、大月市子ども家庭総合支援センター、笛吹市、南アルプス市、富士吉田市社会福祉協議会、韮崎市社会福祉協議会 ほか

[医療施設]
山梨赤十字病院、山梨県立北病院、日下部記念病院、恵信甲府病院、住吉病院、韮崎市立病院、湯村温泉病院、甲府城南病院、市立甲府病院、回生堂病院、加納岩総合病院、巨摩共立病院、甲州リハビリテーション病院、韮崎東ヶ丘病院、笛吹中央病院、花園病院、山梨厚生病院 ほか

[障害児・児童施設]
山梨県立甲陽学園、山梨県立ふじざくら支援学校、山梨県立あさひワークホーム、山梨県立あゆみの家、山梨県立育精福祉
センター、みらいコンパニー、グループホームおおくにの家、就労支援センターいちごいちえ、クローバー学園、身延山福祉会、知的障害者授産施設美咲園、障害福祉サービス事業所pal-pal、スイートベリーKATUYAMA、児童養護施設ハーベスト、明生学園、富士聖ヨハネ学園、くずはの森 ほか

[一般企業]総合福祉ツクイ都留、新日本通産株式会社ケアステーション新日本、豊前医化株式会社 ほか

静岡県

富士市役所、ふれあい南伊豆ホスピタル、鷹岡病院、富士山ドリームビレッジ、新富士病院、山の上病院、沼津中央病院 ほか

卒業生の声

市町村の社会福祉協議会

飯田 勝也さん

2008年度卒業生
山梨県立巨摩高等学校出身

 貧困や介護などに困った地域の方を対象に、福祉サービスの利用や地域住民の協力を仰ぎながら生活支援の相談業務をしていく、コミュニティソーシャルワーカーとして働いています。相談に来た方が、平穏な日常生活を取り戻すことができたときには支援できて良かったなと思いますが、なかには支援そのものを拒まれる方もいますし、自身がどうなりたいのかを決められない方も多くいます。少しずつ気持ちを通わせ、その方の立場に寄り添い、支援のゴールまで導いていけるように努めています。社会福祉士には、現場に合わせた専門性が求められています。法律や制度の改正の度に自分自身をアップデートしていかなければなりません。相談に来た方の状況も変化していくでしょう。どんな時でも最適な支援ができるように自分自身も成長し続けられるのが、この仕事のやりがいだと感じています。

精神科病院

堀内 茜さん

2015年度卒業生
山梨県立石和高等学校(現 笛吹高等学校)出身

 精神科に来る患者さんやご家族の方などの相談窓口としての役割を担っています。日常生活や仕事、制度利用など様々な相談に応じ、その解決のため医師や看護師など他職種と協力します。
時には入院患者さんと一緒に外出したり、在宅生活をする患者さんの自宅に訪問したりすることもあります。仕事の上で、患者さんを理解するために「傾聴」が大切だと考えています。「傾聴」とは相手に耳を傾けて熱心に聞くことです。私が学生のころ、先生方に様々な相談に乗っていただき、話を聞いてもらえることはとてもうれしいことだと感じました。それが今の仕事につながっています。卒業後も、何度も大学に遊びに行っていて、帰りたくなる場所にしてくれた先生には感謝しています。私も患者さんにとってそんな存在になれるようこれからも努力していきたいと思います。

 

健康科学部
ページの先頭に戻る