カリキュラム

学びの専門分野

■社会福祉学

こんな人に

・福祉を学び、社会で援助が必要な人の役に立ちたい
・公務員として、地域福祉を支えたい
・児童から高齢者まで、幅広く福祉を学びたい

■精神保健福祉学

こんな人に

・現代の「こころの問題」を解決したい
・チーム医療の一員として、人々の健康に貢献したい
・精神に障害のある方の社会復帰を支えたい

■心理学

こんな人に

・人間関係や将来の幅を広げたい
・カウンセラーや医療職などに興味を持っている

カリキュラム

本学科では、自分の目標とする資格や進路に合わせ、社会福祉、精神保健福祉、心理学分野の講義を自由に選択することができます。
また、学科を越えて基礎医学・臨床医学系の講義を受講することも可能です。

学びの流れ

1年次

豊かな人間性を育む

心理学理論と心理的支援

医療・福祉の現場で役立つ心理学の基礎知識を数々の体験を通して楽しく学びます。

2年次

専門知識を学びはじめる

障害者福祉

障害者の生活実態について学修するとともに、福祉制度についての理解を深めます。

3年次

■ 研究室に所属し調査・研究
■ 国家試験に挑む・進路決定

社会福祉士をめざす

児童福祉

社会福祉サービスを必要としている子どもやその家族の想いに応えるために、現在の子ども家庭福祉を支える制度・施策について学びます。

精神保健福祉士をめざす

精神保健福祉の理論と相談援助の展開

支援対象者を生活者として捉える視点を醸成し、その地域定着や地域生活支援をするための援助技術や援助展開について理解します。

心理学を学ぶ

心理面接法

カウンセリングに関する基本的な考え方や面接技術について理解することを目標とし、実際の相談場面での観察等を通して体験的に学びます。

 

健康科学部
ページの先頭に戻る