教員紹介  健康科学部 福祉心理学科

教授

齊藤 晋治

Eメールアドレス:  s-saito@kenkoudai.ac.jp
ホームページアドレス(URL): 
主な経歴
1990年3月 日本福祉大学 社会福祉学部卒業
1990年4月 医療法人緑風会 長尾病院(現ほうゆう病院) 入職
2003年4月 広島国際大学 医療福祉学部医療福祉学科専任講師
2007年3月 日本福祉大学大学院 社会福祉学研究科 博士前期課程修了
2010年4月 日本福祉大学福祉経営学部医療・福祉マネジメント学科助教
2013年4月 健康科学大学 健康科学部 福祉心理学科准教授
2014年4月 健康科学大学 健康科学部 福祉心理学科教授
2014年4月~2018年3月 福祉心理学科 学科長
2016年~2018年度 精神保健福祉士国家試験員
専門分野
・精神障害者の生活支援
・精神保健福祉士におけるスーパービジョン
主な担当教科
・精神保健福祉相談援助の基盤Ⅰ・Ⅱ
・精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅰ・Ⅱ
・精神保健福祉援助演習Ⅰ・Ⅱ
・精神保健福祉援助実習指導Ⅰ・Ⅱ
・精神保健福祉援助実習
主要研究テーマ
・社会福祉専門職養成にかかわる実習スーパービジョンの在り方に関する研究
・精神科デイケアにおけるスタッフアイデンティティ構築に関する研究
・精神保健福祉士の離職予防に関する研究
所属学会
・日本社会福祉学会
・日本精神保健福祉士協会
・日本精神障害者リハビリテーション学会
主要研究実績
【科学研究費補助金】
・精神保健福祉士の資質向上を促進するキャリアラダー開発と支援策の評価に関する研究
(基盤研究C,研究分担者,平成29-令和元年度)

・社会人学生を対象とした社会福祉士養成教育に関する研究
(基盤研究C,研究分担者,平成22-25年度)

【厚生労働省障害者保健福祉推進事業 補助金】
・精神保健福祉士養成カリキュラム改正に伴う実習指導者及び実習担当教員養成研修のプログラム開発事業 平成21年度

【著書】
・「新社会人のための精神保健福祉士(PSW)」(共著),学文社 2014
・「教員と実習指導者のための精神保健福祉士実習・演習」(編者,共著),中央法規出版 2013
・「福祉の現場で役立つスーパービジョンの本~さらなる飛躍のための理論と実践例~」(共著) 河出書房新社 2012

【論文】
・「実習指導者の実習評価における困難さに関する研究―実習指導者の指向性による影響―」日本福祉大学実習教育研究センター,2013
・「レジデンシャルソーシャルワークにおける実習プログラムの分析」日本福祉大学実習教育研究センター,2013
・「調査報告 実習プログラミングと実習評価に関する調査」日本福祉大学実習教育研究センター,2013
・「相談援助実習プログラム作成上の困難に関する一考察‐実習指導者に対する実態調査‐」日本福祉大学実習教育研究センター,2012 
・「精神保健福祉援助実習における実習指導者の指導内容に関する現況」社団法人日本精神保健福祉士協会 2010
・「精神保健福祉士のバーンアウト調査からみた離職要因」広島国際大学医療福祉学科紀要 第5号 2009
・「精神保健福祉援助実習の現状と課題-実習に関するアンケート調査からの検証-」広島国際大学医療福祉学科紀要 第4号 2008

【学会発表】
・「相談援助実務経験者に対する相談援助演習の教育課題-相談援助実習履修者との比較から-」第60回日本社会福祉学会 2012
・「精神保健福祉士養成における今後の実習教育のあり方に関する研究~実習生の自己評価に着目して~」第11回日本精神保健福祉士協会学術集会 2012
・「相談援助実務者が相談援助演習に求める教育プログラム‐実習免除者の演習教育に対するインタビュー調査より‐」第59回日本社会福祉学会 2011
・「相談援助実務経験者の演習教育に対する意識調査」第59回日本社会福祉学会 2011
・「社会人学生の精神保健福祉士養成教育における意義と可能性~日本福祉大学通信教育部の教育実践を通して~」第9回日本精神保健福祉士学会 2010
・「精神保健福祉援助実習の質の向上を目指して~実習指導者アンケートからの検証~」第6回日本精神保健福祉士学会 2007

【教科書・テキスト】
・「新・精神保健福祉士養成講座 第6巻 精神保健福祉に関する制度とサービス第3版」(分担執筆),中央法規出版 2013
・「精神保健福祉士養成セミナー第8巻 精神保健福祉援助実習指導・現場実習」(分担執筆),へるす出版 2012
・「新・精神保健福祉士養成講座第5巻 精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅱ第2版」(分担執筆) ,中央法規出版 2013
・「平成24年度厚生労働省委託事業 精神保健福祉士実習指導者講習会テキスト」(分担執筆),日本精神保健福祉士協会
教育・研究に対する考え方
大学生活の4年間は長い人生のからみれば、ほんの一瞬です。しかし、このモラトリアムな時期に、さまざまな体験をすることが、のちの人生の想像力・創造力につながっていきます。

毎日をたくさんの刺激を受けながら生活し、その経験を社会福祉援助職として結び付けていただきたいと思います。
その他
【資格】
・精神保健福祉士(No.02265)
・一般社団法人日本精神保健福祉士協会 認定精神保健福祉士
・一般社団法人日本精神保健福祉士協会 認定スーパーバイザー

【社会活動】
・平成24年度厚生労働省委託事業 研修企画委員会 委員 精神保健福祉援助実習 実習指導者講習会
・平成23年度厚生労働省委託事業 研修企画委員会 委員 精神保健福祉援助実習 実習指導者講習会
・2009年 一般社団法人日本精神保健福祉士養成校協会 国家資格検討委員会・一般養成施設ワーキンググループ 委員
・2008年 厚生労働省精神保健福祉推進事業(地域移行支援事業の都道府県実施調査と精神障害者の円滑な地域移行を推進する地域体制整備コーディネーター等の人材養成研修プログラム開発事業)委員
・社団法人日本精神保健福祉士協会 研修企画運営委員(2008-現在)
・社会福祉法人ふれんず 理事(2004-2009)
・NPO法人 和 理事(2006-2009)
・日本精神保健福祉士協会広島県支部、広島県精神保健福祉士協会 会長(2001-2003)


戻る

教員紹介
ページの先頭に戻る