教員紹介  健康科学部 理学療法学科

助教

玉木 徹

Eメールアドレス:  toru-tamaki[アットマーク]kenkoudai.ac.jp
ホームページアドレス(URL): 
主な経歴
[学歴]
平成21年3月 健康科学大学 卒業
平成27年3月 星城大学 大学院健康支援研究科 修士課程 修了
平成30年3月 杏林大学 大学院保健学研究科 博士課程 修了

[学位]
博士(保健学)杏林大学

[職歴]
平成21年3月 健康科学大学 理学療法学科 卒業
平成21年4月 富士脳障害研究所附属病院勤務
平成24年4月 健康科学大学リハビリテーションクリニック勤務
平成25年4月 健康科学大学 理学療法学科 助手
平成30年4月 健康科学大学 理学療法学科 助教
専門分野
筋生理学
主な担当教科
運動学Ⅰ 運動療法学 理学療法評価学実習 等
主要研究テーマ
糖尿病に起因する筋や運動ニューロンの障害
糖尿病に対する運動療法の効果
所属学会
日本理学療法士協会、日本神経科学学会、日本生理学会
主要研究実績
[論文]
1. Toru Tamaki, Ken Muramatsu, Masako Ikutomo, Noami Oshiro, Hisae Hayashi and Masatoshi Niwa
Effects of streptozotocin-induced diabetes on leg muscle contractile properties and motor neuron morphology in rats
Anat Sci Int. 2018; 93: 502-513

2. Naomi Oshiro, Ken Muramatsu, Toru Tamaki, Masatoshi Niwa
Streptozotocin-induced Diabetes Causes Crucial Morphological Changes in Abdominal Motoneurons and Muscles
Int J Phys Ther Rehab 2018, 4: 143

3. Ken Muramatsu, Masako Ikutomo, Toru Tamaki, Satoshi Shimo and Masatoshi Niwa
Effect of streptozotocin-induced diabetes on motor representations in the motor cortex and corticospinal tract in rats
Brain Res. 2018; 1680: 115-126

4. Ken Muramatsu, Masatoshi Niwa Toru Tamaki Masako Ikutomo et.al.
Effect of streptozotocin-induced diabetes on motoneurons and muscle spindles in rats
Neurosci Res. 2017; 115: 21-28

5. Toru Tamaki, Masako Ikutomo, Satomi Arakawa, Junya Komagata, Masatoshi Niwa and Ken Muramatsu
Exercise Training Prevent Decrease of Muscle Strength in Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty Rats: A Preliminary Study
Int J Phys Ther Rehab 2016, 2: 121

6. 玉木 徹, 生友聖子, 村松 憲, 丹羽 正利:
遅筋を支配するニューロンは糖尿病に脆弱性をもつ.
運動障害誌 2016; 26: 99–102

7. 村松憲,玉木徹,生友聖子,丹羽正利,升佑二郎,石黒友康,佐々木誠一
運動療法はOLETFラットの運動ニューロン障害を予防する
運動障害研究会誌 2015; 25(2): 39-42

8. 村松憲,玉木徹,丹羽正利,升佑二郎,永野克人,長谷川達也,石黒友康,佐々木誠一
2型糖尿病ラットの運動ニューロンが減少する
運動障害研究会誌 2014; 24(2): 25-28

[賞]
1. 第5回 日本糖尿病理学療法学術大会 学術集会長賞
2. 第51回日本理学療法学術大会 奨励賞

[科学研究費補助金]
平成30‐:糖尿病に起因する筋や運動ニューロンの障害をターゲットとした運動療法の開発
(若手研究(B)、研究代表者)

[学会](筆頭演者のみ掲載)
1. 第5回日本糖尿病理学療法学会学術大会(横浜)2018.7.16
玉木徹、村松憲、生友聖子
2 型糖尿病に起因する筋障害と運動療法の効果

2. 第52回 日本理学療法学術大会 (千葉)2017.5.12
玉木徹、村松憲、生友聖子、丹羽正利
運動ニューロンの糖尿病耐性は支配する筋の性質によって異なる

3. 第39回日本神経科学大会 (横浜)2016.7.21
Toru Tamaki, Masako Ikutomo, Ken Muramatsu, Masatoshi Niwa
Alterations in contractile property of hindlimb muscles in diabetic rat

4.第51回日本理学療法学術大会 (札幌)2016.5.27
玉木徹、生友聖子、村松憲、石黒友康、大城直美、丹羽正利
遅筋を支配する運動ニューロンは糖尿病に脆弱性を持つ 

5. 第51回 日本運動障害研究会 (東京)2016.1.30
玉木 徹,生友 聖子,村松 憲,丹羽 正利
遅筋を支配するニューロンは糖尿病に脆弱性をもつ.

6.第34回関東甲信越ブロック理学療法士学会(山梨)2015.9.12
玉木 徹,生友 聖子,村松 憲,石黒 友康,丹羽 正利
糖尿病に起因する筋障害の病態.

7. 第50回 日本理学療法学術大会 (東京)2015.6.5 
玉木 徹,村松 憲,生友聖子,石黒 友康,林 久恵,久保 金弥
糖尿病に起因する筋障害は病期により障害様式が変化する.

8. 第58回日本糖尿病学会年次学術集会 (山口)2015.5.23.
玉木 徹,村松 憲,石黒友康,林 久恵,久保 金弥
糖尿病慢性期に生じる遅筋線維の障害.

9. 第49回 日本理学療法学術大会 (横浜)2014.5.31
玉木徹,村松憲,石黒友康,林久恵,久保金弥.
糖尿病による筋力低下は速筋優位に生じる
教育・研究に対する考え方
理学療法士という職業の素晴らしさ、研究の楽しさを伝えていければと思います。共に成長しましょう。
その他

戻る

教員紹介
ページの先頭に戻る