教員紹介  健康科学部 理学療法学科

助手

玉木 徹

Eメールアドレス:  toru-tamaki[アットマーク]kenkoudai.ac.jp
ホームページアドレス(URL): 
主な経歴
[学歴]
平成21年3月 健康科学大学 卒業
平成25年4月 星城大学 大学院健康支援研究科 修士課程 修了
平成27年4月 杏林大学 大学院保健学研究科 博士(後期)課程 在学中

[職歴]
平成21年3月 健康科学大学 理学療法学科 卒業
平成21年4月 富士脳障害研究所附属病院勤務
平成24年4月 健康科学大学リハビリテーションクリニック勤務
平成25年4月 健康科学大学 理学療法学科 助手
専門分野
主な担当教科
-
主要研究テーマ
所属学会
日本理学療法士協会、日本神経科学学会、日本生理学会
主要研究実績
[論文]
1. Ken Muramatsu, Masako Ikutomo, Toru Tamaki, Satoshi Shimo and Masatoshi Niwa
Effect of streptozotocin-induced diabetes on motor representations in the motor cortex and corticospinal tract in rats
Brain Res. 2018; 1680: 115-126

2. Toru Tamaki, Masako Ikutomo, Satomi Arakawa, Junya Komagata, Masatoshi Niwa and Ken Muramatsu
Exercise Training Prevent Decrease of Muscle Strength in Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty Rats: A Preliminary Study
Int J Phys Ther Rehab 2016, 2: 121

2. Ken Muramatsu, Masatoshi Niwa Toru Tamaki Masako Ikutomo et.al.
Effect of streptozotocin-induced diabetes on motoneurons and muscle spindles in rats
Neurosci Res. 2017; 115: 21-28

3. 玉木 徹, 生友聖子, 村松 憲, 丹羽 正利:
遅筋を支配するニューロンは糖尿病に脆弱性をもつ.
運動障害誌 2016; 26: 99–102

4. 村松憲,玉木徹,生友聖子,丹羽正利,升佑二郎,石黒友康,佐々木誠一
運動療法はOLETFラットの運動ニューロン障害を予防する
運動障害研究会誌 2015; 25(2): 39-42

5. 村松憲,玉木徹,丹羽正利,升佑二郎,永野克人,長谷川達也,石黒友康,佐々木誠一
2型糖尿病ラットの運動ニューロンが減少する
運動障害研究会誌 2014; 24(2): 25-28

[賞]
1. 第51回日本理学療法学術大会 奨励賞

[学会]
1. 第49回 日本理学療法学術大会 2014.5.31 横浜
糖尿病による筋力低下は速筋優位に生じる
○玉木徹,村松憲,石黒友康,林久恵,久保金弥

2.第49回 日本理学療法学術大会 2014.5.31
OLETFラット(2型糖尿病モデルラット)のγ運動ニューロンが選択的に減少する
○村松憲,玉木徹,駒形純也,丹羽正利,升佑二郎,長谷川達也,佐々木誠一,石黒友康

3. 第21回 脳機能とリハビリテーション研究会学術集会 2014.4.20 千葉
○糖尿病性ニューロパチーによってγ運動ニューロンが減少する
村松憲,玉木徹,駒形純也,丹羽正利,升佑二郎,石黒友康,佐々木誠一

4.第47回 日本運動障害研究会 2013.1.18 東京
2型糖尿病モデルラットのγ運動ニューロンが減少する
村松憲、石黒友康、丹羽正利、升佑二郎、玉木徹、長谷川達也、佐々木誠一
教育・研究に対する考え方
学生と近い立場なので、お互いに刺激しあい学んでいきたいと思っています。研究については、これからたくさんの事を学び、自分の得意とする領域を持てるように努力していきます。
その他

戻る

教員紹介
ページの先頭に戻る