在学生の声

在学生の声


小池 璃生 さん
看護学科2年
山梨県立富士河口湖高等学校出身

この大学で見つけたフライトナースの夢に、先生や先輩方のサポートのおかげで少しずつ近づいている実感があります。

 家族が呼吸困難で倒れたときに看護師の母が冷静に素早く対処していたのが看護師をめざしたきっかけでした。その後、健大のオープンキャンパスに参加したところ、救急救命の心臓マッサージなどの体験コーナーや説明を受けて「フライトナースになりたい!」と思うようになりました。計3回参加するほどこのコーナーが楽しくて、早く本格的に学びたいと入学を待ち遠しく思っていました。

 入学後は、オープンキャンパスで教えてくれた先輩たちの災害看護サークルがあり、思い切って声を掛けてみたら歓迎してくれました。これからの本格的な活動が楽しみです。またサークルの顧問の先生は、上級生の災害分野の講義に誘ってくれました。まずは基礎知識をしっかりと身につけて、計画を立てて将来の進路のために取り組んでいきたいです。



濵 大介 さん
看護学科2年
東海大学付属諏訪高等学校(長野県)出身

学生同士の仲の良さはもちろん、先生から学生に話しかけてくれる雰囲気が魅力。男子学生が多いのも安心材料でした。

 看護師をめざそうとしたときから小児看護が自分に合っているかなと思い、親も後押ししてくれました。専門科目はこれから始まりますが、小児にこだわらずに高齢者の看護や自分の身近な人を支えられる知識を幅広く学びたいです。

 健大を選んだのは、地元から離れて、集中して学業に向き合うためでした。イメージしていた看護学生よりは課題などに余裕があって基礎をしっかり勉強できます。一人暮らしにもなれて、ほとんど自炊でお弁当も自分で作っています。もう1つの志望の理由は、男子学生の割合が高いことです。すぐにみんなと打ち解けられ、先生とのコミュニケーションも活発です。



小林 晏由美 さん
看護学科3年
山梨県立韮崎高等学校出身

学生一人ひとりが希望する進路を尊重し、親身なサポートで背中を押してくれる先生方。一つひとつの授業や学科の制度を活かして、夢を叶えたいです。

 看護の世界に触れていくにつれて、助産師に関心を抱くようになりました。新しい命が生まれてくる瞬間に立ち会えるのは、とても素敵なことです。地域の家庭を訪問して新生児の健康診断やお母さんの相談を受けるような仕事を将来的にはめざそうと思っています。3年次から保健師資格取得をめざすかどうか悩んでいた時、担任の先生が、私にとって一番プラスになることを一緒に真剣に考えてくれました。担任以外の先生も一人ひとりを気にかけてくださいますし、他の学校にはない良さだと思います。

 また実習では、いま大学で学んでいることが正に現場で活かされると看護師さんの姿を見てわかりました。まだまだ自分に足りていないことも多くありますし、これからの授業も前向きに取り組んでいきたいです。

ページの先頭に戻る