カリキュラム

学びの領域

基礎看護学

看護の概念や理論、歴史、看護の役割・機能、看護の専門的思考、日常生活援助技術など、看護の基本と看護学の基礎を学びます。

成人看護学

成人期にある人々の健康の保持・増進、および健康障害に対しての理解を深め、看護の実際を学びます。

小児看護学

健康な子ども・障害のある子どもとその家族を理解し、発達の促進、健康の維持増進に向けて子どもの権利を尊重した看護を学びます。

母性看護学

妊娠・分娩・産褥だけでなく、ヒューマンセクシュアリティの視点から性と生殖に関連した看護を学びます。

精神看護学

ライフサイクルにおける精神の健康と障害に対しての理解を深め、基本的な人間関係を基盤とした看護の実際を学びます。

老年看護学

健康な高齢期を送るために、健康障害を持って病院・施設で生活する人とその家族に対する看護の理論と実践を学びます。

在宅看護学・公衆衛生看護学

個人・家族・集団・地域社会の健康とQOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上、地域社会の健康課題解決のために、地域の人々と連携・協働して行う看護活動の実際を学びます。

学習の様子

4年間の学びの流れ

地域との触れ合いを大切に人間性を磨きながら、看護師・保健師をめざす4年間。

1年次

基礎知識を固める
【クラス活動】【臨地実習】

2年次

高度な専門知識を学びはじめる
【クラス活動】【臨地実習】

3年次

臨地実習など実践的に学ぶ
【クラス活動】【臨地実習】

4年次

国家試験に挑む
【クラス活動】【臨地実習】【国家試験対策】

カリキュラム一覧
↑クリックで拡大

ページの先頭に戻る