保健室

大学生活を有意義に過ごせるように保健室では下記のサポートをしています。保健室で相談した内容については、本人の同意なくして他の人に話すことはありません。 

1)定期健康診断

毎年4月に全学年対象に健康診断を実施しています。自分自身の健康を知るために、必ず受けましょう。  (健康診断を受けなかった場合、健康診断証明書の発行が受けられません。)

2)健康診断証明書の発行

就職活動や実習・アルバイトなどに必要となる証明書です。

3)健康相談

身体の不調や気になること、こころのモヤモヤなど「誰かに相談したい」そのような時は、保健室で話してみませんか。話すことで心が落ち着き、物事を整理できることがあります。心に閉まっておかず「保健室」に気兼ねなくお越しください。

4)健康管理

学生が健康について自己管理ができる能力を身につけられるようサポートします。体重測定、血圧測定等がいつでもできますので、日頃の健康管理にお役立てください。 

5)応急処置

通学中や学内で怪我をした場合、急に気分が悪くなった時など、応急処置をしたうえで必要があれば近くの医療機関を紹介することもあります。医療機関を受診する際には保険証が必要になりますので必ず携帯していてください。AED(自動体外式除細動器)を設置し、非常時への対応も整えています。

6)学校の周りの病院紹介

怪我や病気によっては専門医の医療機関を紹介します。日ごろ気になっている症状があり、どこの病院に行けばいいのか困っているときは保健室に相談に来てください。

7)学校感染症

学 校保健安全法では、インフルエンザや麻疹等「学校において予防すべき感染症」の出席停止期間の基準が定められています。このような感染症を疑う症状が見ら れた時は、早めに医療機関に受診し、診断された場合はただちに大学へ電話連絡してください。医師の指示に従い自宅療養をして、医療機関で登校の許可が出ま したら「罹患証明書」を医師に書いてもらい、登校時に教務学生課窓口へ提出してください。

罹患証明書

◎施設実習の際に麻疹・風疹・水痘・流行性耳下腺炎等の抗体検査結果の提出が求められ、陰性者にはワクチン接種が必須になっています。感染力が強く流行しやすいため、抗体価の低かった場合は早めのワクチン接種を推奨します。

キャンパスライフ
各種証明書
ページの先頭に戻る