PSWは支援を通じて、自分の存在意義を感じながら成長できる仕事です画像
教員インタビュー
齋藤 晋治 先生
福祉心理学科 教授

専門分野
精神障害者の生活支援、精神保健福祉士におけるスーパービジョン
PSWは支援を通じて、自分の存在意義を感じながら成長できる仕事です

生まれも育ちも広島で、大学卒業後に精神科の病院に就職。それをきっかけに精神保健福祉士(以下、PSW)として患者さんやご家族に関わり、入退院や保険制度について相談援助を行ってきました。PSWは複雑な知識や制度を駆使しながら、ご家族の生活背景にも目を向けるなど細やかな気配りが必要な仕事です。しかし、患者さんに最適な環境を提供するために、自分もたくさんの人と関わり、支えてもらいながら支援ができた時の喜びは大変大きいものです。「精神保健福祉士」の仕事は、支援する立場でありながら自分自身も相手に受け入れられている喜びを感じられるとてもやりがいのある仕事です。それを一人でも多くの方に伝えていけたらと思っています。

Web版Breath 一覧ページへ戻る
ページの先頭に戻る