教員著書紹介

スポーツ外傷・障害ハンドブック 発生要因と予防戦略

スポーツ外傷・障害ハンドブック 発生要因と予防戦略画像

原書編集 Roald Bahr/Lars Engebretsen
監訳 陶山哲夫/赤坂清和
担当した章・項目など 成田 崇矢が、第8章「腰痛の予防」を担当
出版社 医学書院
出版年月 2015年10月

スポーツ外傷・障害が起こりやすい部位ごとにまとめられた、格好の入門書
本書は、スポーツ外傷・障害が起こりやすい部位ごとに構成され、その部位の解剖学的構造と運動学的メカニズムについて丁寧に解説。その上でスポーツ外傷・障害の予防に必要な運動療法やその他の予防策を詳述。スポーツ外傷・障害の治療・予防に携わるすべての方にお薦めする、マニュアルを超えた格好の入門書。

大学案内
教育研究活動に関する情報公開
ページの先頭に戻る