教員著書紹介

理学療法・作業療法のための実践編BiNI Approach 運動の成り立ちから導く、治療をシンプルにする法則性

理学療法・作業療法のための実践編BiNI Approach 運動の成り立ちから導く、治療をシンプルにする法則性画像
編集 舟波真一
著者 成田 崇矢が一部を執筆(共同執筆)
出版社 文光堂
出版年月 2015年6月
簡単な臨床推論から導けるようになっているため、若いセラピストであっても効果的な治療が可能である。多くの図を用いて具体的に評価から治療まで詳細に BiNI Approachを解説している。実際のクライアントに対してどのように考え、展開していけばいいのかを疾患別に記載している。目的に合わせてどの項からも読みやすいような構成になっているため、必要な時に必要な部分だけを気軽に使っていくことができる。

 

大学案内
ページの先頭に戻る