教員著書紹介

運動の成り立ちとは何か

運動の成り立ちとは何か画像
編集 舟波真一・山岸茂則
担当した章・項目など 成田 崇矢が、「第12章『3.末梢神経と運動生成』」を執筆
出版社 文光堂
出版年月 2014年5月

編者らが独自に発見した人体の運動の法則性と,統合的運動生成概念に基づいて運動を再定義した独自のアプローチBiomechanics & Neuroscience Integrative Approach(BiNI Approach)を開発したので紹介する。自然科学の世界で証明されている事実や法則性などに基づき、それらを統合して解釈することで、今までとは異 なった新しい視点で人の運動の概念を提唱している。リハビリテーションや全ての臨床家にとっての指針となる一冊。

大学案内
教育研究活動に関する情報公開
ページの先頭に戻る