教員著書紹介

2012年

訪問リハ危険予知トレーニング KYT 50の場面

訪問リハ危険予知トレーニング KYT 50の場面画像
編著 石黒 友康、大森豊 斉藤崇志
出版社 医歯薬出版
出版年月 2012年10月

訪問リハの現場では、新人や若手スタッフでも一人で対応を迫られることが多く、訪問時に起こりやすいリスクをリアルにイメージしておくことが求められる。本書では訪問時に起こりやすい50 の場面(イラスト)が設定されている。そこにひそむ危険やトラブルは何か、どんな対策が必要かを読者が考えて記載し、適切な解決策を学ぶしかけとなっている。訪問リハに携わる新人や若手スタッフの臨床教材、および学生教育に役立つ一冊。

維持透析患者に対する補完代替医療スタンダード

維持透析患者に対する補完代替医療スタンダード画像
編集 阿岸鉄三
担当した章・項目など 金 信敬が、「Ⅳ.現代科学的医療の観点から補完医療を理解するために 『17.補完代替医療におけるevidence based medicineとnarrative based medicine』」を執筆
出版社 東京医学社
出版年月 2012年6月

 

やさしく学べる心理学―医療・福祉を学ぶ人のために

やさしく学べる心理学―医療・福祉を学ぶ人のために画像
著者 小島一夫、鈴木真吾福森崇貴(共同執筆)
出版社 北樹出版
出版年月 2012年5月

医療・福祉の分野で初めて心理学を学ぶ、大学・短期大学・医療専門学校の生徒や社会人の初学者のために、分かりやすくまとめた一般心理学の入門書。

作業療法における上肢機能アプローチ

作業療法における上肢機能アプローチ画像
編集 山本伸一
担当した章・項目など 佐藤 真一が、「第8章 骨折における上肢機能へのアプローチLCP術後を中心に」を執筆
出版社 三輪書店
出版年月 2012年5月

体を支える、周囲の環境を探る、感情を表現する……等、人々は暮らしの中のさまざまな場面で手や腕を使う。食事、更衣、入浴等、日常生活上の多くの動作で も、上肢の機能は欠かせない。しかしながら、疾患によりそれらの機能が阻害されたとき、OTとしてどのようなアプローチが可能であろうか。
本書では、上肢の機能・役割等を解説した総論に続き、疾患別のアプローチとして脳血管障害、パーキンソン病、脊髄損傷、関節リウマチ、末梢神経損傷、骨折、手外科疾患、ALS、乳がん(リンパ浮腫)、切断について、疾患の概説、上肢機能・治療のポイント、症例報告等を収めている。対象者の状況に応じ、上肢の能力を最大限に引き出し、その方の生活を支えるための介入ポイントを知るために最適な実践書として活用いただきたい1冊である。

コメディカルのための専門基礎分野テキスト 生理学 第3版

コメディカルのための専門基礎分野テキスト 生理学 第3版画像
編著 黒澤美枝子、長谷川薫
担当した章・項目など 鈴木 敦子が、「第2章『筋』」を執筆
出版社 中外医学社
出版年月 2012年3月

コメディカルのために必要な生理学の知識をまとめたテキスト。臨床の場では患者の訴え、症状など限られた情報からその患者に起こっている機能変化を理解し 対処することになるが、そのためには人体機能の基礎、すなわち生理学の理解が必須である。神経・筋・運動・感覚・内分泌・生殖・成長と老化・血液・循環・ 呼吸・消化吸収・栄養と代謝・体温・排泄など機能ごとに図を多用して明快に解説した。

作業療法マニュアル52 アルコール依存症者のための作業療法

作業療法マニュアル52 アルコール依存症者のための作業療法画像
執筆責任者 長雄 眞一郎
執筆者 野口 弘之、古賀 誠、佐藤 嘉孝、神田 幸広
担当した章・項目など 古賀 誠が、「Ⅰ.アルコール依存症者を取り巻く制度」「Ⅱ.アルコール依存症の基礎知識」「Ⅵ.アルコール依存症に対する作業療法の文献的考察」を執筆
出版社 メディカル・リーフ
出版年月 2012年3月

作業療法では、アルコール依存のメカニズムを理解し、代謝系をはじめとした心身機能の障害や日常生活の活動パターン、対人関係の改善などを目的に、その 人にとって重要な、大切な、意味のある作業がうまく行えるよう指導、練習することで、リハビリテーションチームの一員として、依存症のリカバリーを支援し ていく。作業療法士がアルコール問題に興味をもち、アルコールの問題を抱える人々の相談が適切に行えるための一つの手引きとなれば幸いである。

福祉の現場で役立つ スーパービジョンの本~さらなる飛躍のための理論と実践例~

福祉の現場で役立つ スーパービジョンの本~さらなる飛躍のための理論と実践例~画像
著者 助川 征雄、相川 章子、田村 綾子
担当した章・項目など 齊藤 晋治が、執筆協力
出版社 河井出書房新社
出版年月 2012年1月
福祉分野において、現場で働くワーカーたちの悩みなどに対して支援する方法“スーパービジョン”。本書はスーパービジョンを行うための知識や理論をはじめ、多くの実践例を紹介している。

 

人体の構造と機能 第3版

人体の構造と機能 第3版画像
編集 佐藤昭夫、佐伯由香、原田玲子
執筆 内田さえ、鍵谷方子、鈴木敦子、佐藤優子(共同執筆)
出版社 医歯薬出版
出版年月 2012年1月

医療スタッフを目指す学生のために「人体の構造と機能」に関する知識や理論を、解剖学・生理学の内容から厳選し、わかりやすくまとめた好評テキストの改訂第3版。

大学案内
教育研究活動に関する情報公開
ページの先頭に戻る