単位算定基準

【健康科学大学学則(第5章 教育課程及び履修方法等)】より抜粋 

(単位の算定基準)
  第14条 授業科目の単位は、次の各号に掲げる算定基準により定めるものとする。
  (1)講義及び演習については、15時間から30時間の授業をもって1単位とする。
  (2)実験、実習及び実技については、30時間から45時間の授業をもって1単位とする。
  (3)一の授業科目について、講義、演習、実験、実習又は実技のうち二以上の方法を併用して行
    う場合は、その組み合わせに応じ、前第2号に規定する基準を考慮して単位数を算定する。
  2 前項の規定に関わらず卒業研究等の授業科目については、必要な学修等を考慮して単位数を算
   定する。
 
(単位の授与)
  第15条 授業科目の単位は、当該授業科目を履修しその試験に合格した者又は試験に代わる適切な
   方法を経て合格基準を満たした者に対して授与する。
大学案内
ページの先頭に戻る